もう一度読みたいノート

172
ノート

好きなものに触れている時間はとても、やさしかったから

週末にかけて、自分の時間を少し多めにとっていた。

noteを読む時間を減らし、SNSを眺める時間も減らし。仕事で外出する都合もあったから、比較的ぼんやりする時間が増えた。

私にとっての「ぼんやり」は、自分だけの好きなものに、その考えに触れること。それをなんとなく思い出して、安堵していた。

金曜日は、note仲間の仲さんと吉玉さんにお会いした。前々から約束していた訳ではなく、仲さんが東京出張に

もっとみる

深掘りして見つけた言葉は、出来るだけシンプルに言う。

僕もよくあるのだが、考えているとものすごい深みにはまって小難しいことを考えていることがある。いろんな前提を起き忘れて一人深く穴を掘っている。しばらく掘り進めた深いところで、なんで穴掘ってるんだ?って気づく感じ。

頭にぎゅーぎゅーと詰め込まれる様々な思考や哲学や疑問や疑惑を一人掘り下げて、だいぶ深いところまで下って放つ発言は他者からみると「何言ってるんだ?」とコミュニケーションの断絶が起きる。深み

もっとみる

優しさを  “優しさ”  としてうけとれるように。

優しさって、目にはみえないものと目にみえるものがあるけど。

目にみえないもののほうが多いと思っている。
なのに、たしかにそこに存在する。

温度なら、ほんのりとあたたかさがあって。
柔らかさなら、ふんわりとしていて。
色から、大好きないろをしているんだろうな。

でもね、目にみえないから。

その存在のことを、優しさとはべつのものとして、受けとってしまうことだって、あるんだよね。



目には

もっとみる

8/28  noteを心の健康のバロメーターに

noteを書き始めてから常に私のアンテナはネタを探すようになった。

・今日は何を書こうか?
・このテーマは重たいから準備しないとな。複数回に分けるか。
・今日考えてたこと、この間のアレとつなげられるな。

てな感じでね。

書きたいことについて考えている時というのは非常にポジティブで、目線は未来に向かっているような気がする。たとえ過去を振り返る内容であっても、「じゃあこれからどうしていこうか?」

もっとみる

「好きだから好き」。

人であれ、物であれ。その対象に対して、どうしようもないくらい好きだ、という気持ち。

 そういう「好き」に対して、理由を求められた時、「好きだから好き」と言ってしまうのは、いけないことなのだろうか。

 確かに、自分がそんな気持ちになったのは、理由はあるのかもしれない。
 けれど、必ずしもそれを説明しなければならないのだろうか。
 そう、思ったことがある。
 
 かつて。物心ついてから小学生くらい

もっとみる

ときめきのバロメーターになるような続きを

続けることがむずかしいって、ずっと思っていた。

けど、続けたいってきもちをもちつづけるのが、むずかしかったのかな?

そうおもうようになった。

だって、続けることって、ココロがものすごく影響するんだもの。



続けることは、いいことだと受けとることが多い。
続けること…毎日、おなじことするってことで見えてくるもの、身につくものがあるからなんだろうな。

継続は力なり。
まさに、その言葉が示

もっとみる
栗のほっこり感がすきです。梨のシャリシャリも好きです。
7

あいめっせーじ。

私はこう思う。
私はこう考える。

“私は”をつけて語ること、
それが『アイメッセージ』。

たとえば『傾聴』ではアイメッセージが大事にされます。

傾聴では話し手が主役になります。
なので、聞き手が話し手の意見や考えを否定したり、さえぎったり、聞き手の話したい内容に誘導してはいけません。もし自分の意見を言いたくなったなら、“私は”とつけて「あくまで私の意見であって、あなたの意見や考えを否定してい

もっとみる

教える必要などない。学んだことを伝えればいいのだ。

上記のタイトルは、映画スターウォーズを観て、僕が涙腺崩壊したマスターヨーダのセリフです。

※スターウォーズの内容についてはハショリます。

あの子を育てるのだ、とある戦士にヨーダは言う。そしてその戦士はこう言います。

「以前、大事な素質ある弟子を敵に寝返らせてしまった。私は教える資格などないのです。」

そしてそれを聞いたヨーダが言うんです。

「教える必要などない。

”学んだことを伝えれば

もっとみる
よかったら一言でいいので、コメントもお待ちしてます✨
4