もう一度読みたいノート

2
ノート

儲けがなくてもやりたいこと

最近私の好きな人たちは、0円(とかそれに近い形)で人に提供したいものがあって、それを実現させるために違う仕事などを頑張るという人が多い気がする。

もちろん、好きなことだけしかやっていないし、それで生活には十分だという人もいると思うし、それも素晴らしいことだなあと思う。なかなか難しいことだなあとも思うけれど。

坂爪圭吾さんは先日「お金さえとらなければ、今この瞬間に夢を実現できる」と言っていた。

もっとみる
ありがとうございます。
19

いつかやり直そうと思う時が来るなら

途中退場は挫折だろうか。

名刺に「ライター」と上書きして一年くらいは、ずっとそんなことを考えていたような気がする。会社を辞めてしまったことに関する罪悪感のようなものが、心のどこかにあったのかもしれないけれど。

私自身まだサーカスの綱渡りみたいな心境が否めないし、ときどき真っ逆さまにネットへ落ちたりもしているけれど、どんな媒体の何であれ、書いたものが喜ばれるのはとてもうれしいことだし、何よりも「

もっとみる
とっても嬉しいです。ありがとう!
50