もう一度読みたいノート

15
ノート
スキありがとうございます!(*>ω<*)
25

8/28  noteを心の健康のバロメーターに

noteを書き始めてから常に私のアンテナはネタを探すようになった。

・今日は何を書こうか?
・このテーマは重たいから準備しないとな。複数回に分けるか。
・今日考えてたこと、この間のアレとつなげられるな。

てな感じでね。

書きたいことについて考えている時というのは非常にポジティブで、目線は未来に向かっているような気がする。たとえ過去を振り返る内容であっても、「じゃあこれからどうしていこうか?」

もっとみる
毎日更新していますので、明日も宜しくお願いします!
9

「そんなに旺盛に生きなくていい」

長嶋有さんの小説でこの言葉に出会ったとき、「あ、この言葉だ」と思った。

若い頃、周囲から「あなたもより良い人生を送りたいと思ってるでしょう?」という前提で話をされるたび、違和感を覚えた。けれど、それをうまく言語化できなかった。

私はそんなに旺盛に生きなくてもいいんです。

あの頃の私はそう言いたかったのだ。



noteに連載していた『ゲストハウスなんくる荘』は23歳のときに書いた小説だ。

もっとみる
ありがとうございます。今日のラッキーアイテムは水筒
195

noteという場所でなら、ほんとに「つながる」が起きるんだ。

私が書いたnoteをみつけてくれて、読んでくれる人がいる。

そこからなにかを思って、スキやコメントで伝えてくれる人がいる。

さらに、私のnoteから読んでくれた方自身のnoteに、なんらかの形でつなげてもらえることがある。

すごいことだね。私は有名人でもなければ、すごいことを書いているわけでもない。ただ私の思いをそのまま書いているだけなのに。

***

山田太郎@図解書きさんが、私の書いた

もっとみる
心が温かくなりました!ありがとう^^
17

素晴らしい死に様をみせてもらった

盆ボヤージュ!(お盆の挨拶)

お盆っていうのは、死者が帰ってくるシステムらしいね。
「天気の子」という映画を見て最近知った。
今年のGWに、父が亡くなったから、「初盆」ということで、通常よりも念入りにやるものらしい。
知らなかったし、バイト当直中なので実家には帰れないんだけども、父が亡くなった5月に書きかけたnoteを放置していたから、これを機に整理してみようかとおもう。

・・・

GW中に、

もっとみる
ε= \_(○´∀`)ノ ヒャッホーイ!
779

「誰になんて言われるとうれしいですか?」承認欲求を素直に正しくつかう方法

「人からなんて言われる(褒められる)とうれしいですか?」と何人かの友人に質問をしたら、あまりにそれぞれで、その人らしくて、とてもおもしろかった。

ある人は「かっこいい」と言われるのがいちばんうれしいと言い、ある人は「努力してるね」、ある人は「楽しそうだね」、ある人は「かわいいね」、ある人は「頭がいいね」などそれぞれの答えがあった。

誰に褒められるかにもよるし、恋愛面で言われるのと仕事面で言われ

もっとみる
\おれもスキだ!!!!/
617

そっとたたんだハンカチを、胸のなかに

ハンカチは、2枚もっておくといい。
1枚は、自分のために。
もう1枚は、差し出せるように。

いまのバッグのなかに、もう1枚のハンカチをいれる余裕はあるかな。



どこかできいたことがあった。2枚のハンカチのはなし。そんなステキな女の子になれたらいいなぁって思ってた。

お出かけのときには、ハンカチとティッシュを忘れずに。そうしていたはずなのに、今ではたまに忘れてしまいそうになる。

ハンカチ

もっとみる
京都でくらしたい、今日このごろ。
11

まだ中学生、二人暮らし。

「もう中学生、じゃなくって、『まだ中学生』だよね。おれたちの会話って」

そのセリフを聞いて、つい笑ってしまった。夫よ、いつになく、上手いこと言うじゃないか。

結婚して十年。わたしと夫。プラスねこ一匹で暮らしている。子どもはいない。

わたしと夫は、別々の時期だけれど、職場のストレスでうつ病を経験している。ふたりとも今では通院していないけれど、ときどきズシーンと気持ちが沈み込むこともある。気候だ

もっとみる
ありがとうございます!
31

ネットの石ころに救われてきた

本もそうだけどネットの文章にもずいぶん助けられてきたなぁと思う。救われたというか。

インターネット老人会なので、どうしてもブログより昔のテキストサイトの匂いがするものに郷愁を覚える。まあ、いくつか管理人やってた初期のmixiも懐かしいんですけど。

といっても侍魂さんみたいな超メジャーなテキストサイトにはあまり寄り付かず、ひっそりと誰が誰に言葉を吐いてるのかわからないようなサイトをふらふら歩いて

もっとみる
落したのは金の斧です!
53

続いてほしい時間をつないでいく、タイムリミットの優しさ

あと10分だけ。
アラームがなってから、お布団からでる間までにつかってしまうことが多いけど。
楽しい時間を過ごしているときにも、こう言ってしまう。

あと10分だけ、あと5分だけ、あとすこし。
ちょっとだけ、ほんとにあとちょっとだけ。
そうして、時間がすぎていく。



ちょっとだけ、はやく帰らない?
そう言ったのは、半月くらい前の自分だった。

はやくベッドに入って眠りたいのに、なかなかできな

もっとみる
スキをありがとうって、言葉があなたに届いたらいいな。
9