もう一度読みたいノート

16
ノート

イラストを商業的に生かす方法

2017年から、京都造形芸術大学の漫画学科でやらせてもらっている
イラストを商業的に生かす方法を考える
「イラストレーション」の講義が今年で3年目になりました。

流石に3年目で
私が教えられて学生にためになってくれることはこの3点だなって大きな軸がまとまってきたので記録のためにもここに残しておきたいと思います。

大学で教えてる要点3つ

1、絵と自分の軸づくり 

2、絵の単価が上がるとはど

もっとみる

書けなくなって気づいたこと

結婚する前一人暮らしをしていた。一人の時間がないとしんどい私には、一人暮らしが合っていた。それに、一人の空間がないと絵が書けない。書いてる最中に誰かに話しかけられるとダメで、周りの話し声も耳に障ってしまい集中できない。

デザインの専門学校の課題も学校ではやらず(内容にもよるが)、ほとんど家に持ち帰ってやっていた。夜中に一人の空間で机に向かっていた。

専門学校の自由課題で絵本を作った。大人向けの

もっとみる

【創作漫画】初心者の心得

皆さん、こんにちは。

今日はどんなジャンルでも、避けては通れない「初心者」であるときの、良い過ごし方を考えて、漫画にしてみました。

なぜこういったものを書こうかというと、初心者であるという状態は実はハードルが高いからです。出来ることも少なくて、つまらない上につまづきやすいので脱落しやすいのではないでしょうか。しかし、それはもったいない。

初心者向けの教科書はジャンルごとによくありますが、初心

もっとみる

創作に携わる、すべての人にこれくらいのメンタリティでいてほしい②

みなさん、こんにちは。
今日は前回に引き続き、創作するという行為についての話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回は、予想に反してものすごい反響をいただきました。20いいねついたらラッキーかなと思っていましたが、公開後4800いいねをいただくという、異常事態が起きていました。

ビュー数も6万を超えている状態です。あの変なウサギが、日本のデジタルデバ

もっとみる

創作に携わる、すべての人にこれくらいのメンタリティでいてほしい

みなさん、こんばんは。

今日は、創作するということに関しての、個人的な考えを少しだけ絵にしてみました。作家であったりライターであったり、プロの表現家たちと日々共にお仕事をしているわけですが、以前にも創作に関して思うことが増えてきました。

軽いノリで書いていますが、個人としては本当にこう思っているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(うさぎ・・・・

もっとみる

デザイナーの秘密道具  #1「曇りメガネ」

こんにちは、フリーランスでデザインとイラスト制作をしている角田綾佳(すみだあやか)@spicagraphです。

デザイナーはWebサイトやパンフレットやロゴや、目に見えるものを作ることが多いので、「作る」ということにフォーカスが当たりがちです。しかし、「作る」の前にたくさんのことを考えたり、「作る」ための計画をしています。それは完成品からは見えづらいものなので、それを「秘密道具」に例えてご紹介し

もっとみる
ありがとうございます!明日いいことありますように
76

【企画書公開!】アイデアは住み分けが大事

こんにちは!noteで使うハンドルネームを真剣に考え中です。アシスタントデザイナーの山口翔平です。今日も会社で学んだことを書いてみたいと思います。

今日は、Webサイトの企画(どんなサイトにするかのアイデア)を考えてクライアントさんに提案する時は、「アイデアの住み分け」が大事だ、という話。結論から言うと、住み分けというのはこういうことです。

どういうことか、最近作ったuwabami(ウワバミ)

もっとみる
スキ!「これについて書いてほしい」などコメントくれたら絶対書きます!
13