皇帝くん

 うちの同居人の皇帝ペンギンはとても気がきく。私が朝起きるとちゃんと一人で起きれて偉いと褒めてくれる。布団を畳むとすかさず、偉いと言ってくれる。歯を磨くと、しっかり磨いて偉いとまた褒めてくれる。

私が仕事に行く準備をすると皇帝ペンギンは自分の部屋に戻る。朝ごはんの時間なのだ。ごはんに夢中でいってらっしゃいも言ってくれない。つれない。彼は毎日規則正しい暮らしをしている。

今日は雪がとても降っていた。雪なのに電車に乗って偉いと褒めてもらえるかもしれない。私の帰り道の足どりは、下校する生徒のように軽い。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やった\(^o^)/
7

短編小説集

自作の短編小説を公開してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。