インフルエンサー

美少女のA子はいつもクラスの中心にいる。

「おはよー」

彼女はいつも特別感のあるオーラと愛嬌を振りまきながら先生やクラスメイトを魅了する。

クラスで絶対的な影響力のある彼女のセンスを誰もが真似したがる。長いサラサラとした薄茶色い髪に憧れ、皆も髪を伸ばしはじめた。彼女が鞄につけている変なキャラクターのぬいぐるみは皆、持っている。最新のiPhoneにしたら皆も機種変をした。私はその流れについていけない。

みんな彼女がとる行動に注目していて、誰も無視することが出来ない。私もそうだ。

放課後の廊下でA子とすれ違った。彼女はなぜか嬉しそうだった。

次の日からA子は学校に来なくなった。何でもやりたい事の為に休学するそうだ。彼女がいなくなると教室に白けた空気が流れ、数日するとみんな元通りの髪型に戻った。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やった\(^o^)/
8

短編小説集

自作の短編小説を公開してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。