XEMネムの不正流出問題の影響について、特に税金!

1月26日に事件が起こりました。

1月26日11時25分にXEMネム残高が以上の減っていることに気付き、調査の結果不正アクセスにより5億2300万XEM、日本円換算で約580億円と判明。

その後夕方までにXEMネムの入出金や売買、その他通貨の売買や入出金も停止。
BTCビットコインの売買以外は何もできなくなりました。
http://corporate.coincheck.com/2018/01/26/29.html

この時点で被害額が尋常ではない金額だったことからコインチェックは破綻して、顧客の全財産は戻らないと思いました。
もちろん私のショボイ額のリップルも。
常識的には絶望的な状況。

ソフトバンクかDMM、楽天、もしくは外資系のどこかに身売りするしか生き残る道ないと思っていました。

1月28日0時過ぎに事態が動きました。
コインチェック社から88,549円×保有数を日本円にて返金することを発表。
http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html
ここまではニュースに書かれている通りです。

ここからが本題。
被害を受けて日本円で保障を受けた人が税法上どう扱われるのか、申告等はどうすれば良いかの話です。

結論は1XEM88.549円で売却したのと全く同じです。
レート88.549円で普通に売却したの同じことになります。

2018年1月28日17時現在XEMは110円前後で推移中。
現時点では2割くらい損の状態ですが、返却時期の相場がどうなっているかわからないので損なのか特なのかは現時点ではわからず、考えても仕方ない問題だと思います。

常識適時はこの状態で返金されることはないと思うので、損をしたとしても返金があること、そしてコインチェックのに預けている資産が0にならない可能性があることの奇跡を喜ぶべきだと思います。

まだ現時点では出金できるのか、確定していないので微妙なところではありますが。

税金の話に戻ります。
88.549円で強制決済ということなので、取得単価がこの金額より低い人は利益確定売りということになります。
個人の場合は条件いろいろありますが、原則として雑所得として確定申告をする必要があります。

取得単価が88.549円より高かった人は損失になります。
他仮想通貨の売買益からこの損失額を引くことができますが、給与所得や事業所得、不動産所得など他所得との損益通算をすることはできません。

88.549円での強制決済による損失を給与所得から引いて還付申告をすることはできないということです。

損をしてしまった人は今後頑張って稼いでもらうとして、今回の強制決済により利益が出てしまった人はどうなるのか。

一部でネタとして強制決済で利益が出た人のリストが金融庁に渡され、そのリストが国税庁に流れてネムの利益が当局に全てばれて、税務調査や問い合わせがあり税徴収をされてしまうとの噂がありますが、私は全否定します。

今回の事件に関してコインチェックから金融庁に何かしらの書類提出があるとは思いますが、その書類が国税庁にまわることはありません。

違う省庁に書類を渡すことを罰する法があるかどうか、詳しく確認していませんが少なくても金融庁が国税庁に書類を渡すという法令はありません。
法令がないので書類の受け渡しは絶対にありません。

映画の世界とかではそんなのいっぱりありますが、現実はそんなことないんです。

違法行為をして税務調査に入るきっかけを作ることはあるかもしれまえせんが、違法行為は違法行為。
今の日本の法令ではかなり制限厳しく、省庁ををまたいで書類がやり取りされることは明確に法令化されていること以外はありえない状態です。

ということなので今回のXEMネムの補償で利益が出ても国税局、税務署に利益がばれてしまうことはありません。

脱税のススメではないです。
仕組みの話です。

省庁間の情報交換、どれくらい連携が取れていないか。
かなりひどいです。

年金基金(旧社会保険庁)と税務署が給与支払事務所情報の交換(税務署が年金基金に源泉所得税納付書情報の提供)をすることになったも最近数年です。

それまで年金基金は給与を支払っている法人や個人事業主の情報を全く掴めていませんでした。

他省庁の連携法令は他にはほとんど制定されていません。
この件も詳しいのでまた別記事で書きます。

この辺の仕組みは昔からFXをやっていた人にはよくわかると思います。
取引所に支払調書提出が義務付けられる前と後での当局の対応の違い、あれが法整備されているかどうかの違いということです。

今回の事件の影響で補償という形で強制決済されてしまった人は利益、損失問わずダメージを受けていると思いますが、個人契約の人は決算月である12月まではまだかなりの時間があります。

いろいろな情報が入り乱れていますが、間違った情報を拾わず上手く対応することで結果が大きく変わってくると思います。

何よりも有名な人以外はSNSで自慢しない。
これが一番重要だと思います。

本題はここまでです。

今回のコインチェック事件を機に仮想通貨ハードウエアウォレットを買いました。
自分の仮想通貨を手元で保管をすることができる機器です。
アマゾンでも売っていますが、不正なプログラムが埋め込まれている可能性があり超危険。
買う時は絶対に正規店で買いましょう!

私は公式サイトで暗号通貨ハードウェアウォレットLedger Nano Sを買いました。
15,800円でした。
送料無料、支払はAmazon Payが使えるので楽ちんでした!
https://hardwarewallet-japan.com/

また今回のようなことが必ず起きると思うので、今から準備しておくのが良いと思います!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

山口健一

Ken's Thinking

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。