WEB業界1年目だった頃の自分に伝えたい3つのこと

こんにちは。札幌でフリーランスのWEB屋さんをしている、WEB業界4年目のやまこです。実は先日、「WEB業界に入ったばかりでこのまま仕事を続けられるか悩んでいる」という新人WEBマーケターさんとお話しする機会がありました。その子の悩みを聞いていると、「そうだよね~」「私もそうだった」と共感することばかりで。いつの間にかWEB業界1年目の自分を思い出していました。

新人の時は同じことをするのでも、何倍も労力を使うし、色んな不安と戦わなくてはいけません。どんな仕事をする上でも、新人時代の苦労はたくさんあるんじゃないかと思います。

ただ、WEB業界については、業界特有の慣習や常識があったり、少数精鋭ゆえに自分と同じ業務をこなす身近な先輩がおらず、『相談相手に恵まれない』ケースや『仕事が忙しすぎて社外の人と会う時間がとれない』ケースがあり、苦労が多いように思います。

そこで、WEB業界1年目で不安や悩みを抱えている方向けに、「新人時代の自分に伝えたい3つのこと」をまとめてみることにしました。

WEB業界1年目の心が折れそうな子に伝えたいこと① みんな「できない」所から始めている

今でこそ、フリーランスのWEB屋として活動し、セミナーも開いたりしている私ですが、もともとは「WEBは怖い」「SNSは苦手」と言っていた生粋のアナログ人間でした。

当然、入社時のWEB知識は0。これからWEBのプロモーションを担当するというのに、SNSのアカウントも1個も持っていなければ、検索した時に広告が表示されていることにも全く気を留めていないド素人でした。

唯一できたことと言えば、Wordでの文字入力くらいです。でも、そんなのWEB会社では、ほとんどできるうちに入りません…。ショートカットキーの使い方も知らなかったので、一緒にお仕事をさせてもらう方々には、『コントロールキー(ctrl)』のことを「シーティーアールエルキー」と発言して呆れられたり、Googleカレンダーに慣れなくて手帳を開いて苦笑いされたり、スカイプの使い方が分からず迷惑をかけたり、と散々でした。

すごく当たり前のことを言うようで恐縮なのですが、WEB業界の新人さんに伝えたいのは、「みんな初めはできなかった」ということです。

今、どんなにかっこよく仕事をしている人も、偉い感じで専門用語を並べて話している人も、みんなできない所から始めています。

だから、安心して「できない人」「未熟な人」でいいのです。

もちろん、最初から仕事ができるorなんなくこなせる方もいると思いますが、それはあくまで一部の方の話です。知らないことや分からないことがあっても、不安に思うことは無いし、恥ずかしいことでもありません。

私は、結構まじめに勉強したタイプなので(?)、仕事の飲み込み自体は悪くなかったんじゃないかと思うのですが(違うかな?笑)、それでもWEB業界1年目の時は、知らないことが多すぎて、日々、大変でした。

特に、入社7ヶ月目くらいからバナーやLPの制作にも携わるようになったのですが、当時、「ガリ勉して広告の知識はだいぶついて来たぞ」と思っていたのに、制作ミーティングで皆が話す内容についていけなくて、後でトイレで泣いたのを覚えています(笑)

「これはgifでもいいんですか?」「レスポンシブにするなら、このレイアウトじゃダメですよね?」「サイトの横幅はどのサイズを想定すればいいんですか?」と次々聞かれ、gifって何?レスポンシブってどう違うの?横幅に規定あるの?と頭は大パニック。

質問された内容に1個も答えられず、自分の至らなさ故、ただでさえ残業の多いデザイナーさん、コーダーさん達の時間をとってしまい、本当にいたたまれませんでした。

特に、WEB業界は〆切がある仕事なので、どうしても〆切前は殺伐としがちですよね。そんな時に、仕事でミスをしたり、お客さまからの急な依頼に対応してもらうようお願いしないといけなかったりすると、どうしよう…と困ってお腹が痛くなることもしばしばでした。

辞めたい、辞めようと思った日は、、、ほぼ毎日だったかもしれないです(笑)。

<WEB業界は大変あるある>
・専門用語が多い。横文字が多い。
・勉強しないといけないことが多い。
・少数精鋭の会社の場合、業務が多岐にわたる。
・ほとんど会社に缶詰め状態なので、世間が狭くなりがち。
・〆切前の社内はピリピリムード。
・〆切前は終電続きも普通…という感覚が社内にある。
・業界内での常識があるので、慣れるまで大変。

WEB業界1年目の心が折れそうな子に伝えたいこと② 同じ悩みを持っている新人さんは他にもたくさんいる

でも、同じように行き詰っている人って他にもいるんですよね。

業界1年目の時に何がつらかったかと言うと、周りに自分の悩みを分かってくれる(共感してくれる)相談相手がいないということでした。

私の居た会社は本当に少人数で、同じ業務をする人が2人しか居ない状況だったので、私と同じWEB広告を担当しているのは、その道10年以上の上司だけでした。

「悩みがあったら相談していいよ」と言って頂いてはいたのですが、やはり①私が悩んでいることは上司からすれば大した事では無かったり(今は大した事じゃないって分かるんですけどね)、②異性ということもあり相談しづらかったり、飲みに誘いづらかったり(WEB業界は男性率高いので)、③上司の姿に自分の将来像を重ねるのが難しかったりして、孤独を感じることが多かったです。

結局、その孤独に耐えられなくて最初のWEB会社を退職するんですが、今思えば、なぜ当時もっと他社の同業の方と関わったり、twitterをしたりしなかったんだろうと思います。

同じ社内にはいないかもしれないですが、絶対、同じことで悩んでいる新人さんはたくさんいるはずなんです!

例えば今、私はフリーランスのWEB屋を始めて8ヶ月目。フリーランスとしては新人。いちいち悩んだり困ったりすることも多いです。しかも、基本的に1人で仕事をしています。

でも、孤独感を感じているか?と聞かれたら、WEB業界1年目の当時ほど感じてはいないんです。それは、同業者さんとお話しする機会が増えたり、twitterで似た状況の方のつぶやきを見たりすることで、「みんなも同じことで悩んでいるんだ」と知ることができているからです。

新人時代の悩みは「誰しもが通る道」の可能性が高いですし、現在進行形で同じ悩みを抱えている新人さんは全国にたくさんいると思います。

WEB業界で働く期間が長くなれば長くなるほど、専門性も増してきて、友達や家族に分かってもらえないことも増えてきます。そもそも、長時間業務で人と接する機会が減って、相談する機会や愚痴を言う機会すらないかもしれません。

でも、悩んでいるのはあなただけではないので、孤独だと思わないでください。もし、辛くなったら、twitter見ましょう!同じ悩みをつぶやいている人に出会えるはずです。

<WEB業界は大変あるある>
・業界外の人に相談するのが難しい内容が増えてくる。
・長時間勤務で友達や家族と話す時間が少なくなりがち。

WEB業界1年目の心が折れそうな子に伝えたいこと③ WEBは常にアップデートされていく=今、WEBが苦手or皆より知識不足でも追いつける!

「自分は何でこんなこともできないんだろう…」
「周りの人たちがすごすぎて、つらい…」

よく新人の時、そう思って落ち込んでました。先が見えなくて(仕事ができる自分が想像できなくて)、日々不安だったんだと思います。でも、もし、当時の自分に声をかけられるなら、「大丈夫!心配いらないよ」と言いたいです。

WEB業界1年目の方に声を大にして伝えたいのは、『今、WEBが苦手or皆より知識不足でも必ず追いつける』ということです。

もし今のあなたが、周りの社員さんより知識がなくて、経験もなかったとしても、WEBの仕事であれば必ず追いつくチャンスがあります。なぜなら、WEBの世界は移り変わり(刷新のスピード)が早いからです。

例えば、私がやっているリスティング広告についても、私が入社時に教えてもらった良いアカウント構成の方法と最新の良いアカウント構成の方法は大きく異なります。また、SEOに関しても(私はここ最近のものしか知らないのですが)、10年前に言われていた方法が今では通用しなくなったとよく聞きます。

昔の成功が現在・未来の成功に繋がるとは言えないWEB業界にとって、『既存の情報』よりも『新しい情報』の方が役に立つことがあります。だから、新しい情報をキャッチしていけば、今はWEBのことが何も分からないあなたでも、今後、良い成果を上げられたり、ベテランの社員さん達に逆に意見を求められるようになったりすることは、十分にあり得るのです。(逆転のチャンス!)

実際、新人時代は誰よりもWEBに疎かった私ですが、ちょっとずつでも知識をアップデートすることを心掛けていた所、気がつけばベテランの方や上役の方から「これってどう思う?」と意見を求められるようになりました。

WEB業界の方は、スキルや知識に対して敬意を払ってくれる方が多いので、何か1個でも「これ詳しい」という物を持っておけば、社内でも社外でも居場所を見つけやすいです。

今は「自分は何もできない」と落ち込んでいる人も、きっとバリバリ仕事を回している(…ように見える笑)先輩方と同じかそれ以上に、仕事をできる日が来る可能性は大いにあると思います!

・WEB業界は移り変わりが早いので、最新の情報を知っていることやツールを使いこなせることが大事。
=今は知識も経験もないダメ新人でも落ち込むことはない。新しい知識&情報を習得していけば、社内でいちばんできる社員になることも夢じゃない。

WEB業界って苦手だったけど、今は好きかな(笑)。

<WEB業界1年目の新人さんに伝えたい3つのこと>
① みんな「できない」所から始めている。
② 同じ悩みを持っている新人さんは他にもたくさんいる。
③ 今、WEBが苦手or皆より知識不足でも追いつける。

WEB業界1年目の時は、「なんで残業も多くて、1日中PCに向かうような業界に入っちゃったんだろう…」と毎日後悔していた私ですが、今はこの業界(このお仕事)結構好きです(笑)。

確かに、作業や数字に終われたり、移動時間中も仕事しちゃったり(飛行機でもwifi飛んでたりするので…)と、傍から見ると大変そうに見えるかもしれません。でも、WEBを通じてたくさんの人に会えて、面白い仕事やキャンペーンに携われて、最終的に人に喜んでもらえて…。WEB業界で働いたから、世界の広さも、色んな価値観も知ることができたと思っています。

人それぞれに仕事への合う合わないはあると思うし、環境が人に与える影響は大きいと思うので、「だから頑張って」と無理強いするつもりは全くありません。

ただ、今はダメでも3ヶ月後や半年後にできるようになっていくことって沢山あると思います。

だから、落ち込みすぎず、気長に自分自身の成長を見守っていってください。意外と明るい未来が待っているかもしれませんよ~。(私の今も、当時想像していた未来よりは意外と明るいんじゃないかな…?って思ってます(笑))


最後まで読んで頂き、どうもありがとうございました<(_ _)>

皆さまの明日が素敵な1日でありますように。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

やまこ

やまこのフリーランス日記

札幌を拠点にフリーランスのWEB屋さんとして活動するアラサー女子が仕事をする中で感じたことや教訓を更新していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。