見出し画像

嘘百珍


カルボナーラを食べると思い出す。*写真はナポリタンです、念のため。

何日目だかわからない……徹夜での校了作業を終えたあと、
「最高に旨いカルボナーラ、つくってやるよ」と、
コワモテの上司が編集部のキッチンに立った。

食欲なんてとてもとても。
それよりも睡眠欲……
とにかく横になりたい、弛緩したい……
それがなによりのご褒美であり、ご馳走のはずだった。

それなのに、プロセスのポイントを解説しながら、
手順を進める、上司の手元から目が離せなくなった。

どうして、この場にパンチェッタがあるのだろう? 
なにゆえに、自分でパンチェッタをつくって、
ここに持ち込んだのだろう?
それにしても、ずいぶん香しいなぁ……と、
上司の背中を見つめているうちに、
かくして、カルボナーラは、私の目の前にやって来た。

おいしかったと思う。
いや、旨かったはずだ。

でも、肝心な味は覚えていない。

20年近く経った今、
手元に残るのは、そのとき、上司が走り書きした
パンチェッタの作り方のメモだけだ。



『嘘百珍』より抜粋。ちなみに写真はナポリタンw

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

ひさだひさ

フリーランスの書籍および雑誌の編集者&物書き、物好き。 ※お仕事は違う名前でやっております、念のため。

#エッセイ 記事まとめ

noteに投稿されたエッセイをまとめていきます。 photo by 横田裕市( https://note.mu/yokoichi )
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。