株式会社ウーリーはじまる。

初めまして、株式会社ウーリー代表の山本と申します。まだスタートしたばかりの会社です。noteではこれから行うブランド作りの過程をゼロから皆様に共有していきたいと思います。ブランドヴィジョン設定から、クリエイティブ、販売計画、在庫計画、実務的な物流のところまで、ブランド立ち上げに必要なこと、全てをここでオープンにしていこうと思います。

1. そもそも私はどんな人か

普通の人、アラフォーです。私は先日まで会社員でした。アパレル、アウトドアメーカーで商品企画からMD計画、マーケティング、物流まで一通り経験してきました。比較的幅が広いので、これを聞くと色々やってきた人なんだな、と思われるかもしれませんが、実際は会社員として誰もが経験する一般的な経験レベルです。

2. なぜブランドを作ろうと思ったのか

社会に貢献できる商売を何かしたいという漠然とした想いは学生時代からありましたが、長い間ダラダラとなんとなく毎日を過ごしていました。

大きなきっかけとなったのは、結婚と子供ができたことです。命を授かったことによって、自分の死も意識するようになりました。そこで気がついたのが自分が思っている以上に時間がない、限られているということ。親ともあと何回会えるんだろう、親友とも何回会えるんだろうと考えるようになり、この時間というものをより豊かにすることはできないか。そして、その方法が自分以外の人も幸せにできるなら更に素晴らしい。そう思ったのが独立してブランドを作ろうと思ったきっかけです。

3. **なぜ失敗するかもしれないプロジェクトをオープンにするのか**

単純に正直な商売がしたいので、透明性を高めるという理由もありますが、正直商売でビジネスが成り立つという証明も今の時代に必要なことだと考えているからです。

目に見えるもの、実態が持つ力はとても大切ですが、目に見えないものの力は予想以上に大きなものです。もののあり方から生産背景、社会的影響までデザインし共有することは大きな意味を持つと考えました。

最後に。

業界に交友関係が広い訳でもない私のような普通の人間がどこまでできるか、個人的にも気になるのでnoteに日記の様な感覚で記録して行きたいと思っています。また、少しでもこの記録が将来ブランドをやってみたいと言う方々の参考にもなればと思います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです!Woollyで素敵な時間をつくる為、頑張ります!
17

山本 友弘

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。