過酷な環境を生き抜くサバイバル術 その1

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

先日、とあるテレビ番組を見ていました。

最近はほとんどテレビを見ないのですが
たまに見たくなることがあります。

で、この時見たテレビ番組は
海外の衝撃的なテレビ番組を紹介するというもの。

そこで紹介されていた海外のテレビ番組は
まさに衝撃的でした!

どんな番組か?

なんと初対面の男女が
高温多湿のジャングルのような無人島で
21日間のサバイバル生活を送る
というドキュメントものでした。

しかも男女ともに素っ裸!!

男はまだしも女性が素っ裸で
21日間ジャングルで過ごすなど
正気の沙汰ではありません。

とはいえ
登山という大自然の相手に活動する私としては
その男女がいかにしてジャングルをサバイバルするか
興味津々です。

男女とも
それぞれ1つだけ好きな道具を持ち込むことができる
というルールで

女性は大ぶりのなたを持ち込み
男性はなんと水中メガネ!!

私ならば女性と同じように
なた、もしくは大型のナイフを持ち込むと思います。

男性はサバイバルインストラクターだそうですが
水中メガネという選択に
サバイバルのセンスが感じられません・・

さて、極めて過酷なこのサバイバル生活
果たしてどんな結末を迎えたか?

最近、メルマガが長すぎる!
というご意見をいただいたので
続きは明日にします。

うーん・・長くても夢中で読ませるような
文章力を身につけなくては!
ちょっぴり反省した私でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。