趣味で稼ぐ時代の到来

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

最近、急に涼しくなって
身体の体調もすこぶる良く
なんだかご機嫌です。

前にもお話しましたが
私の最も嫌いな、いや大っ嫌いな季節は
夏です。

理由は・・暑いから!!

「夏は暑いもんだろ!?何言ってんだ」

と言われるかもしれませんが
理屈抜きでとにかく暑いのが大っ嫌いなのです。

そんな大っ嫌いな季節が
ようやく過ぎ去ろうとしている今
私の身体はようやくまともに動こうとしています。

そう!登山です!

と言っても、当然夏も山には登っていました。

しかし・・・
やはり暑さが少しでも解消されると
山への意欲が断然違います。

さて、週末に向けて、今から

どの山に登ろうか
どのルートから登ろうか
何を持って行こうか
山頂でどんな料理をしようか

ってな感じで、準備しようと思います。

実にワクワクワクな気分です。

そんな感じで
普段から頭の中は登山のことばかり
平日から山の準備で頭がいっぱいな私ですが

あなたは普段、もしくは平日
仕事のことで頭がいっぱいではないでしょうか?

想像してみてください。

もし明日突然会社が休みになったら
あなたは明日何をしますか?

ここぞとばかりに朝寝坊しますか?
家でのんびりと映画でもみますか?
自分の趣味に熱中しますか?

人の身体は休息を必要とします。

「突然降ってきた休日は
しっかりと休息を取りたい!」

はい!もちろん間違っていません。
正しいと思います。

ただ、私ならば間違いなく
趣味に没頭するという選択を取ります!
つまり登山ですね。

休息をとる
とういうことを考える場合
ガテン系などの体力勝負な仕事ならば
とてもわかりやすいですよね!

人の筋肉は容易に消耗するもの。
休息を取らずにぶっ通しで仕事をすれば
集中力を欠いて、事故の原因となります。

そのため、現場作業員は
どれだけ忙しくても
2時間に1回は必ず休息を取ります。

わかりやすいですし、理にかなってます。

では、オフィス系の仕事の場合はどうか?

もちろん体力を消耗することはありません。
概ねデスクに座ってパソコン画面とにらめっこ
していますから。

それでも気分転換という名の
休息を取りますよね?

しかし、ものすごく忙しくて
休息を取る時間などないという場合

5時間でも6時間でも
ぶっ通しで仕事をすることがあります。

むしろその方が集中力を高いレベルで
維持させることができるので
効率がいい場合すらあります。

つまり
体力を消耗させるような仕事ではなければ
休息する必要はない!と私は考えます。

だから、もし
あなたの仕事がオフィス系であるならば
休みの日は休息を取るのではなく
趣味に没頭することをオススメします。

ちなみに
私の趣味は、登山と文章作成
今や本業となりましたが
休日など全くありません。

いや、趣味に没頭する毎日ですから
毎日が休日とも言えるかもしれませんが。

ちょっとここで
よーく考えてみてください。

あなたが得意なこと
夢中になれることって何ですか?

わかりやすくいうと、あなたにとって
「このことならば何十時間でも話せる」
ことは何かということです。

私ならばもちろん登山です。
山について日々
本を読んだり
雑誌を読んだり
山のブログを読んだり
自分のブログやメルマガを書いたり
実際に山に登ったり・・・

山についてならば、何十時間でも話せるし
おそらくどんな話題を振られても
山に関連づけて話せる自信があります。

山という自分の強みに気づくことができたため
それを武器に稼ぐことができるようになりました。

もしあなたが

会社を辞めて独立したいがどうしたらいいのか・・・
自分にはどんな副業があうのか・・・

という悩みを持っているならば
あなた自身の強みを探してみてください。

強みは人ぞれぞれ違います。
100人いれば100通りの強みがあり

あなたがそれに気づくことができれば
給料ではなく
あなた自身がお金を生み出せるようになります。

これからの日本社会を生き抜くには
この考え方が最も大事だと
私は思っています。

さて、あなたはどう思いますか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。