文章でファンを生み出すということ

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

ここ最近、山以外の仕事が忙しくて
山へ入っていません。

登山ガイドの仕事が入れば
当然山へ入ることになりますが

そうでなくとも
山は私にとって庭のようなもの

いや、パワースポット
いや、癒しの場所
いや・・・

まあ、なんと言いますか
なかなか言葉では表現しづらいのですが

なんの用事がなくても
ちょっと時間ができれば
山に入っていたい!

私にとって山とは
そんな場所なのです。

その山にもう1ヶ月以上も入っていない!

もうそろそろ今抱えている仕事を
ビシッと完結させて

一週間くらいかけて
じっくりと山を歩き回りたい!!
っていうかそんな計画を立てています。

もちろん、ゴールデンウィークや
お盆や年末年始の時期の話ではありません。

なんのイベントもない
9月中旬あたりの話です。

当然、普通のサラリーマンだったら
9月の中旬に一週間も休みを取るなど
至難の技でしょう。

しかし、私の場合
それが可能なのです!

どこの会社に所属することなく

登山ガイドと
コピーライティング
その他様々な経験をもとに

今の生活を手に入れました。

もちろん
かなりの苦労をすることなりました。

何しろ、サラリーマンをしながら
今の生活のベースとなる
技術と知識を徐々に
積み重ねていったのですから!

会社の仕事を出来るだけ早く片付けて
定時になったらすぐに事務所を出て
まっすぐ帰宅。

会社の飲み会など全く無視。
(まあ、それもどうかと思いますが)

家に帰ったら
すぐにパソコンに向かって
記事作成に取り掛かります。

文章作成は大好きな作業ですが
時間がとにかくかかります。

私は文章の読みやすさや構成に
こだわる主義なので、なおさらです。

こうして3時間くらいかけて
記事を作成し、フェイスブックにアップ。

これを毎日やっていました。

毎日書いていると
結構ネタが尽きてしまうのかな?

と思っていましたが
自分の過去の経験や好きなこと

毎日のネットニュースなどを
しっかりチェックして入れば
ネタなどいくらでも湧いてきます。

もちろん
ただそれらをネタに記事を書くだけでは
読む人は飽きてしまいます。

私の場合
注目を集めるニュースをチェックし
それについて自分の意見を書く。

そこから自分の好きなことや
夢中になっていることにつなげていく・・

そうやって記事を書くと
記事に自分のオリジナリティが出て
自分の為人を表すことができます。

私はいつも
登山やコピーライティング
につなげます。

登山って
野球やサッカーのように
爆発的に大人気なものではありませんが

小学生の時の遠足なんかで
誰もが一度は経験するもの。

心のどこかに
登山に夢中になってみたいという思いは
多くの人が持っていると思います。

だから、私の記事は
いつも多くの人が読んでくれています。

あなたが心の底から夢中になれるものは
何ですか?

どんなことでもいい
たった1つ、それを持って入れば
あなたは毎日記事を書いても
決してネタに困ることはないはずです。

もしあなたが
会社に頼らず自分でお金を生み出して
もっと自由に生活したいのならば
毎日の記事作成に挑戦してみてください。

あなたの記事にファンがついた時
あなたは
文章でお金を稼ぐ技術を身につけた
ことになるのです。

ではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。