給料時代の終焉

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

非常にショッキングな記事を見つけました。
これです。

『アメリカの調査会社によると、日本の会社員の「やる気」や「熱意」は世界最低クラスだという。提出する書類や会議の数は増えるばかり。社員は受け身状態になり、いわゆる「やらされ感」が蔓延し、現場は疲弊している……。そんな現場に「やる気」があふれるはずがない。
「熱意ある社員の割合は139カ国中132位と最下位クラス」
「日本は『熱意あふれる社員』の割合が6%しかない」
この結果は、世論調査と人材コンサルティングを手掛ける米ギャラップ社が、世界各国の企業を対象に実施した従業員の仕事への熱意度を調査したものです。はたしてこの数字が日本企業の社員の実態だとしたら、これほど深刻なことはありません。これは能力の問題ではなく、意識の問題だからです。そしてその意識に大きな影響を与えているのが、職場風土や企業の体質にあるからです。』

一流大学を卒業して
一流の会社に就職すれば一生安泰

かつてはそのように言われていました。

「サラリーマンは〜気楽な稼業ときたもんだ〜」

なんて謳われていた時代もあったくらいです。

昔はちゃんと仕事をこなしていれば
毎月給料がもらえて
半年に1度はボーナスがもらえて
接待の名目で
会社のお金を使って飲み食いし放題。

本当に気楽な稼業ですね 笑

しかし今は・・・

サラリーマンが気楽な稼業だと
思っている人はほとんどいないのではないでしょうか?

入社してしまえば一生安泰だったはずの
大手企業ですらリストラの嵐。

会社に残れたとしても
人手不足で仕事の負担は増大。

若手社員もこき使われて
ついには自殺者が出る始末。

そこまでいかなくとも
仕事のストレスが原因で
うつ病を発症する人が
ものすごく増えているそうです。

この現状を知って
私は思うことがあります。

それは・・・・

「会社に入って与えられた仕事をこなして
毎月給料をもらう」
というシステムがもはや限界なのではないか

ということです。

毎月給料がもらえれば
確かに生活は安定し
生きていくのに困ることはありません。

しかし、その代償に
膨大な時間を失い
とんでもないストレスを抱え込み
ついには
自分自身すら失ってしまうのです。

世の中は
まるで生き物のように絶えず変化します。

たちは
その時代に合致した生き方をしていく
必要があるのです。

この記事をご覧ください。

『新卒から定年まで生涯1社で働く終身雇用の考え方が大きく変わろうとしている。政府は2017年度内にも、副業・兼業の事実上の解禁に踏み切る。国がつくるモデル就業規則の副業禁止規定を改定すると同時に、長時間労働を招かないよう労働時間や健康管理の指針を盛り込んだガイドラインの策定にすでに着手』

契約社員、派遣社員など
働き方が多様になってきた昨今ですが
ついに
副業・兼業が解禁となった
という記事です。

もはや1社だけに
何十年も務める時代じゃない

そして毎月給料をもらって
金銭的な安定を手に入れる時代でもないのです。

これからは
一個人がいかにして
お金を生み出していくか

いかにして
自分の好きなこと、得意なことを
生かしてマネタイズしていくか
という時代ではないか

と思うのです。

私は昔から大好きだった登山と
得意な文章作成技術で

登山ガイド
ブログ集客
コピーライティングなどで
お金を稼ぐことに成功しています。

どこの会社にも団体にも所属せず
全く個人の力だけで
稼いでいるのです。
(やり方を先生から学ぶことはありますが)

もちろん
自分の好きなことなので
多少の苦労も苦労ではなく
疲れもストレスも
一切感じることはありません。

「あなたはの好きなこと、趣味は何ですか?」

この質問に対するあなたの答えが
そのままあなたの職業になる!

実際に私はそれを実現させました。

もしあなたが
今の会社員としての生活に
限界を感じているのならば
それは時代の流れに合致した
ごくごく自然なこと。

あなたはどう思いますか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。