仕事サボって山登り?その2

さて、客先との打ち合わせで
大阪から小田原へとやってきた私。

その背には約30kgもの重量の80Lザックが!

せっかく小田原に来たんだから
ついでに近くの山にでも行こうというわけです。

まんまとザックを背負って
小田原までやって来たのはよかったのですが

ザックをどこかに預けるわけにもいかず
結局約30kgものザックを背負ったまま
客先の事務所へとやって来たのでした・・・

打ち合わせの参加者は
私を含めてたった3人にも関わらず
確実に30人は入れるであろう広い会議室に通された私。

2分ほど待つと
先ほどの顔見知りの担当者が豪快に笑いながら
会議室に入って来ました。

「キャンプの邪魔しちゃ悪いですよね!
さっさと終わらせちゃいましょう!」

この言葉は決して皮肉ではありません。
この担当者は本当に裏表のない人で
思ったことをそのままポンポン口に出す人です。

そして物事をとても柔軟に考えることが出来る人なのです。

おそらく本当に
打ち合わせで楽しみの時間を奪っちゃ悪い
と思っているのでしょう。

私はこの担当者が嫌いではありません。

で、打ち合わせですが・・・
なんとわずか40分ほどで終了しました 笑

社外秘の内容なので
打ち合わせ内容はここではお話できませんが

来月の現場段取りについて
図表や図面を一緒に確認しながら
双方の合意により終了です。

図面や図表をともに確認しなくてはならなかったので
やはり小田原まで来る必要はありましたが

新幹線で2時間かけて小田原までやって来て
たったの40分で仕事終了!

なんというコストパフォーマンスの悪さ・・・

いやいやいや!そのおかげで
私はこれから山に登ることが出来るのですから!

せめて思いっきり登山を楽しんで
小田原出張をより有意義なものにしよう!

事務所を後にした私は
再び小田原駅へと向かったのでした・・・

ちなみに、今回目指す山頂は丹沢山。

そこにたどり着くまでには
いくつもの山小屋、通過点となる山頂を経なければなりません。

現在14時。
登山口にたどり着くことには
15時30分になるでしょう。

丹沢山山頂までは
6時間ほどかかります。

15時30分から登り始めて
その日のうちに下山はできません。

そんなことはもちろん承知しています。

つまり今回の登山は
途中、テントが張れそうなポイントでテントを張って
そこで一泊、夜明けと同時に再び丹沢山へ向かって歩く
という流れです。

さて、準備です!
打ち合わせで着ていたスーツはもう不要です。
小田原駅ビルのトイレを借り
ビジネスマンから登山家へ大変身!

不要なスーツは駅のロッカーに放り込んで
いざ山へと出発!

小田原駅から小田急線に乗って渋沢駅で降り
そこから大倉行きのバスに乗ります。

バスの終着がそのまま登山口となっているはずです。

電車とバスに揺られること約1時間。

バスの着いた先は、大倉ビジターセンター。
登山家が集う施設です。

すでに5名ほどの登山家がベンチに座ったり
トイレに行ったりしていましたが

どなたも「山に行ってきたし、さあそろそろ帰ろうか」
という雰囲気です。

現在15時。
こんな時間から山に登ろうとするのは
私くらいなものでしょう。

お恥ずかしながら
この時少しだけ心細さを感じてしまったことを
白状します 笑

靴紐を締め直し
ザックの荷を確かめて
登山計画書を提出して

さあ、いざ丹沢山へ!

明日に続きます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。