コピーライター入門

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

さて、毎日みなさんにお届けするゾッ!!
と息込んでメルマガをはじめて
ここまで記事を書いてきましたが

本日
久しぶりのメルマガになってしまいました・・

申し訳ありません。
その理由はいたって単純、そう!本業です。

とにかくバタバタ
焦りまくって胃はキリキリ
時間ばかりかかってとにかくイライラ

食事をとることすらままならず
気がつけば
−5kgの強制ダイエットに成功してました・・・

そして
ようやくそんな生活もひと段落して
こうしてメルマガを書くことができる
と言うわけなのです。

う〜ん!!
やっぱりメルマガを書くって
楽しいし面白い!!

そう!
私は登山家でありコピーライター
文章を書くことが仕事なのです。

さあて
今日は何を書こうかなっと思いましたが
やはり前回の続き
コピーライティングのことを書くしかないでしょう!

というわけで、続きをどうぞ・・

努力と根性で
これまで数々の国家資格を手に入れてきた私でしたが
国家資格を手に入れるだけで
何かが変わるだけではない。

国家資格などというものは
何かを成すための手段であり武器に過ぎない
ということを悟った私。

それに
手に入れた後の修行が
ものすごく大変。

苦労して国家資格を手に入れたものの
結局、それを生かすことができず
別の仕事をしているという人は
ゴマンといます。

そんなある日
私は1つの言葉と出会い

それがきっかけとなって
私はコピーライターへの道を
歩み始めることになるのです。

その言葉とは
「パソコン1つあれば
世界中どこででも稼ぐことができる!」

コピーライターとは
言葉1つで読む人の感情を動かし
行動させることができる人のこと。

でもやはり
そのためにはかなりの知識や経験
そして勉強がい必要です。

コピーライターにとっての勉強とは

「人の教えに素直に従うこと」
「人の真似をすること」

コピーライターの先生がいるならば
その先生の教え通りに
いかに忠実に行動するか

先生でなくとも
コピーライティングの本でもいいですね。

そこからしっかりと
自分のものにしていくことが
ものすごく大事です。

そして
コピーライティングで最も大事なことは
過去の優れたコピーを真似すること!

と言っても
一言一句そのまま書き写す
ということではありません。

勉強のためにはそれも大事なことですが
実際にコピー案件に取り掛かる場合は
ただ真似するだけではダメです。

過去の優れたコピーの構成や
全体の流れをしっかりと捉えて
実際の案件に当てはめていく

ということです。

いずれまた
もっと詳しくお話ししていきますが
メルマガでお話するには
ボリュームがありすぎるので
ダイジェスト版でお送りしますね!

ではまた!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。