あなたにとっての勉強って何ですか?

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

あなたは最近
勉強していますか?

いきなりちょっと耳が痛くなるお話
かもしれませんが

最近私は
勉強の大切さをこれでもか!
というくらい実感しているところです。

そもそも勉強って何か?
「学問や技芸を学ぶこと」(goo辞書より)

単純に「勉強」というワードの意味は
そうなります。

では、あなたは
勉強と聞いて何を連想しますか?

国語、算数、理科、社会、英語・・・

学生の頃私は・・
きっとあなたもそうだと思いますが
親から散々「勉強しなさい!」
と言われてきましたよね!?

その影響もあってか
私は勉強と聞くとまず
この5科目を連想します。

実は、私は学生の頃
勉強が大っ嫌いでした。

だから成績はいつも
中の中から中の下あたり

成績が良かった時期なんて
これっぽっちもありませんでした。

私が勉強に目覚めたのは
それから約10年後
かつての所属会社で働いていた時です。

そのころの私の業務は
環境分析化学者

つまり
河川水や工場排水、海水などの水
あるいは工場跡地の土壌
工場排ガスなどの
測定を行なっていました。

これらを行なうには
化学の知識と経験がものをいいますが

それだけではなく
自身の技術力を上げるには
そして出世するには
やはり公的資格が必要でした。

そこのことに気づいた私は
資格試験の勉強に一心不乱に取り組み
3年もの時間をかけて
5つの国家資格を取得しました。

この時は我ながら
本当によく頑張ったと思います。

で、その5つの国家資格は
私に何をもたらしたか?

資格試験の勉強をする中で
確かにより深い知識は手に入りました。
名刺に資格名を書き込むことができました。
会社の有資格者として認められました。
あとは・・・それだけです。

あれだけ苦労して
5つの国家資格を取得して・・
私が得たものはそれだけでした。

給料が上がったわけでもなく
出世したわけでもない。
もちろん、持っていて損はないし
いつかどこかで役にたつかもしれない。

でも、期待していたほどの
劇的な変化は全くありませんでした。

それから数年後
私にとっての勉強の意味合いは
全く違うものになったのです。

それは・・・

「人の教えに素直に従うこと」
「人の真似をすること」

コピーライターとして
歩み始めた私にとっての
最も大事な勉強です。

いかに優れたコピーを知っているか
どれだけ人の感情を突き動かす
コピーを読んでいるか

私がコピーライターとして
成功するカギとなる勉強です。

次回、そのことについて
もっともっと詳しくお話しますね!

ではまた

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。