地球からの「贈り物」

こんにちは!
登山家コピーライターの松浦です。

さて、ここまで
「死海の泥」の魅力を
大いに語ってきました。

ここまで読んでくださっているあなたは
もしかしたら「死海の泥」について
興味津々かもしれません。

今回は、そんなあなたに
もっともっと興味を持っていただくために
「死海の泥」について
さらに詳しくお話していきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーー

死海の泥に含まれるものは
いわゆる塩分です。

以前
死海の水の塩分は海水の10倍
というお話をしたと思います。

でも、それって・・・
ただ塩っ辛いというだけではないのです。

ただ塩っ辛ければ良いのであれば
スーパーに売っている食塩を
大量に自宅の湯船に投入して
長い棒でかき回せば、死海の水の完成!

って、そんなわけがありません。

死海の水には、そして泥にも
高い濃度のミネラルが含まれているのです。

ミネラルって聞くとなんだか
身体に良い影響がありそうなイメージですが

じゃあ、ミネラルってなんでしょう?

ミネラルとは、人体にとって
無くてはならない無機塩類のことです。

代表的なもので言うと

カルシウム

リン
カリウム
ナトリウム
マグネシウム
塩素
ヨウ素

これらは
あなたや私の身体の極めて重要なパーツであり
これらが不足すると
最悪の場合、死もあり得るのです。

熱中症が、その典型例ですね。

大量の汗とともに体内のミネラル分を
失ってしまうと発症してしまいます。

ただ、これらのミネラル分
たった1つを大量に体内に取り入れてしまうと
これもまた身体に悪影響を及ぼします。

例えば
いくらカルシウムが身体に良いからといって
牛乳ばかり飲んでても意味ありませんし

美味しいからといって
毎日ラーメンばかり食べると
塩素ばかりを体内に取り入れることになります。

そうなると血液がドロドロになって
生活習慣病を発症してしまいます。

つまりミネラル分は
できるだけ多くの種類を
できるだけバランスよく体内に取り入れることが
ものすごく大事なのです。

でも・・それって難しいですよね!?

代表的なミネラル分は
先ほどの8種類ですが
この8種類だけでも
バランスよく体内に取り入れるには
食事にかなり気を使わなくてはなりません。

もしあなたが
管理栄養士の資格を取得、もしくは
管理栄養士を雇うことが出来るならば

健康的でバランスの良い食事をとり
そこからある程度バランスよくミネラル分を
取り入れることはできるかもしれません。

それでも
体内に取り入れることが出来るミネラル分は
せいぜい20種類ってとこでしょう。

さて、ここであなたに質問です!

ミネラルを多く含んだ「死海の泥」ですが
いったい何種類のミネラル分を含んでいるか
あなたはご存知でしょうか?

「死海の泥」の中の
あなたの身体に有効に働く
ミネラル成分の種類は
なんと102種類!

そのうち豊富に含まれるミネラルは
26種類であり
わずかに含まれる希少なミネラルは
64種類

しかもなんと!
世界中どこを探しても
死海でしか手に入らない12種類ものミネラルも
含まれているのです。

また、それらミネラル分の量のバランスは
まさに奇跡的!

気が遠くなるほどの永きにわたり
自然のエネルギーが凝縮された
「死海の泥」

まさに地球から私たち人類への
「贈り物」と言えるかもしれませんね!

次回、死海について
少し触れていきたいと思います。

お楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

マッサン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。