やっつけてロイティーと今後について

気が付いたら、やっつけてロイティーが完結して、1年以上経過しました。

毎週、死に物狂いで漫画を描いていた頃が懐かしくなってしまうくらい、漫画を描く事から離れてしまっておりました。

去年はロイティーの話を本にする関係で、完結後にも番外編や後日談をちょいちょい描いておりました。
本のみに収録していた話も、最近投稿サイトにUPし終えたところです。
(投稿先につきましては、やっつけてロイティーのホームページから見に行って頂けると嬉しいです)
※今まで描いた全ての話を投稿させて頂いているのは、アルファポリスさんのみになります。

完結後は新作漫画を描こうと思い、ネームも準備していたものの結局着手せず…
ロイティーを描き始めた時に「ここまで」と決めたところまでは描いたのですが、描いているうちに自分がキャラクターに想いを入れすぎたというか「物語が終わっても、この子達は生きている」という気持ちになりすぎたのかもしれませんね。
ひとつの話としてキッチリ終わらせられないのは自分の能力が低い証拠だなぁ…と思いつつ、そこが素人の描く漫画の良さでもあるんじゃないかなぁ…と勝手に開き直ったりもして、難しい事は考えず、自分が描きたいのだから、のんびりと第二部を描き始めてしまおうじゃないか~というところに落ち着きました。

相変わらず拙い漫画になるとは思うのですが、まずは第二部につなげる部分を年末までに描き上げたいなと考えています。

先日、久々に投稿サイトに投稿した際に、まだ読んでくださる方がいた事や、今も「やっつけてロイティー」を覚えてくださっている方々がいた事に驚き、本当に嬉しくて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

ただ私の描いた後日談等々が、読み手の方の気持ちと合わず、ショックを与えてしまったりもして、やっぱりあのまま終わらせたままの方が良かったかなぁという気持ちになったりもしました。

少なくとも誰かにショックを与える為に描いている漫画ではなく、クスッとでも笑ってもらえたら凄く嬉しいなぁ!という気持ちで描いてます。

物語の都合上、全ての話が笑顔になれる展開ではないのですが、第二部では可能な限りそういう場面を作らない様にうまく構成していけたらいいなぁなんて思いつつ。

今までのお話もそうなのですが、キャラクターを脳内で想像した後どんどん動き始める話を勢いで描き上げていくスタイルなので、描き終わった後に自分で何度か読み返して「これは描かなくても良かったかな~」なんて事も度々あったりもします。
でもせっかく描いたから投稿しよう~みたいな軽い気持ちで投稿してました。

そんなお話でも、喜んで頂けたり、続きを楽しみにして頂ける事は、本当にありがたく励みになっております!ありがとうございます!
ので、またお話が描き終わりましたら、懲りずにまたいくつかの場所に投稿したいなと思っております。

やっつけてロイティー、楽しんでもらえたら嬉しいです!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

応援いただけたら大変うれしいです!

励みになります!
5

Yuumi Yamazaki

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。