ゴミでアート作品を作ろう!淀川テクニック「ゴミアート ワークショップ」のご案内

「やんばるアートフェスティバル2018-2019」の出展アーティスト・淀川テクニックによるワークショップを、メイン会場・大宜味村立旧塩屋小学校にて、2019年1月12日(土)14:00~16:00に開催します。どなたでも参加可能なワークショップとなりますので、ぜひご来場ください!

『ゴミアート ワークショップ』
日時:2019年1月12日(土)14:00-16:00
場所:大宜味村立旧塩屋小学校 ※現地集合
参加費:無料
持物:不要 ※作品に使用する「ゴミ」があれば持参ください。

12月にも実施したこちらのワークショップ。晴れた旧塩屋小学校のグラウンドに並べた、色分けされたたくさんのカラフルなゴミを使って大人も子どももそれぞれに思い思いの作品を制作しました。

子どもたちも想像力を働かせながら力作を作ります。完成した作品は、もちろんお持ち帰りいただく事ができます(^_^)

淀川テクニックさんから直接教わりながら、一緒に作品を作っていきます。

今回、作品に使用するゴミは沖縄の海岸に流れ着いた漂着ゴミを使用しています。沖縄の海岸には場所によってたくさんのゴミが流れ着いてしまう所があります。そのゴミをいろんな海岸に行って、拾って、キレイに洗って、色分けして、という作業を経てやっと作品に使用できる「ゴミ」として並べることができます。

やんばるアートフェスティバルの会場となる沖縄本島北部「やんばる地域」は、とても自然豊かな素晴らしい場所です。そんな場所でアーティストと一緒にアート作品を作りながら、少しだけ環境の事も一緒に考えてみませんか。

ちなみに、同じく沖縄の漂着ゴミを使って制作された、淀川テクニックさんによる「やんばるアートフェスティバル」の出展作品はこちら。

『やんばるオオゴミウオ』という大きな作品が、旧塩屋小学校のグラウンドに展示中です。この作品、夜になるとライトアップもされます(^_^)

淀川テクニックさんが昨年度の「やんばるアートフェスティバル2017-2018」で制作した大きなカニの作品『タカアシガニ』は、名護市のカヌチャリゾートに常設展示されています。こちらも機会があれば是非ご覧ください。

淀川テクニック『タカアシガニ』
会場:カヌチャリゾート(沖縄県名護市安部156-2)
https://www.kanucha.jp/

淀川テクニック/Yodogawa Technique
柴田英昭(しばたひであき、1976年岡山県生まれ)のアーティスト名。ゴミや漂流物などを使い、元のゴミの姿からは想像もつかないような見事な造形物を制作する。赴いた土地ならではのゴミや人々との交流を楽しみながら行う滞在制作を得意とし、岡山県・宇野港に常設展示された「宇野のチヌ」「宇野の子チヌ」は特によく知られている。
http://yukari-art.jp/jp/artists/yodogawa-technique


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。