ありまつ中心家守会社

名古屋市有松にある遊休不動産の利活用から、にぎわいづくりやエリアブランディングに取り組むサービス会社です。

名古屋市のまち並み保存地区 第1号「有松」の伝統的建造物をマッピングしてみた

ありまつ中心家守会社の浅野です。

2016年7月、有松の町並みが重要伝統的建造物群保存地区に選定されたことはご存知でしょうか。通称、重伝建(じゅうでんけん)と呼ばれるこの取り組みは、文化財保護の観点から、日本の歴史的な町並みを面的に遺そうとするものです。その評価の対象は、建物や土蔵は当然のこと、門や塀、石碑といったものにまで及びます。

文化庁発表要旨によると選出の理由は下記のとおりです。

もっとみる

有松にあつまる、つくるまちの魅力

私たち合同会社ありまつ中心家守会社は「つくりながら暮らす」を掲げ、名古屋市緑区有松にある重要伝統的建造物群保存地区周辺にある遊休不動産の利活用を通じて、ナリワイとニギワイづくりに取り組んでいます。

エリア内外問わず有松に関わるすべての人と、価値のある関係構築を担うコミュニケーション・マネージャーの武馬淑恵。市役所職員から転身し、「有松との関わりしろをつくる」ことを次なる目標とする彼女が思う、有松

もっとみる