メディアの話、その18。空は街のコンテンツである。

昨年秋、仕事でヨーロッパをうろうろした。

自分探しではなく、仕事、です。

パリから入って、すぐに飛行機を乗り継いでアムステルダムへ。

翌日取材したのち、夕方にはまた飛行機に乗ってドイツ・ハノーファーへ。

2日滞在したのち、3日の夕方またまた飛行機に乗って、ベルギー・ブリュッセルへ。

翌朝、チャーターバスに乗って陸路を移動し、国境を越え、ドイツ・ダンケルクへ。

ダンケルクで半日仕事を終えたのち、チャーターバスでそのままパリへ。

翌日、パリで半休をもらい、うろうろして、夜日本へ。

8日間で4カ国。この日程を見ていただければおわかりいただけるかもしれないが、最終日のパリを除いて、観光の類は一切していない。

ただ、駆け足で4カ国回ると、ヨーロッパの5つの街、アムステルダム、ハノーファー、ブリュッセル、ダンケルク、パリに共通することがあった。

3つ。

ヨーロッパは狭い。

コンビニがない。

空が広い。

以上である。

順に説明する。

ヨーロッパが狭い、と実感できたのは、ベルギー・ブリュッセルからフランス・ダンケルクにバスで移動したときである。

バスですよ、バス。バスで国境を抜ける。

なんだか沢木耕太郎『深夜特急』みたいである。

夜明けのブリュッセルの石畳の街をことこと走り、フリーウェイに入ると、景色はそのうち、真っ平らな畑が延々広がり、遠くに白樺の並木が影のように並び、地平線が広がる風景に。ブリュッセルから1時間ちょっとで、道路に看板が。

「ここからフランス」。

東名高速にかかっている「ここから静岡」の看板なみにそっけない。

さらに30分ほどで、ダンケルクに到着。

クリストファー・ノーランもびっくりである。

新宿西口から観光バスに乗って、東名で御殿場のアウトレットモールに行くのとだいたいおんなじ時間距離。

もし、新幹線があったら、40分で着く。

ダンケルクからブリュッセル、通勤できるぞ。

今回訪れた都市でいちばん離れているのはパリとドイツ・ハノーファー。でもググって調べたら、距離は陸路で773キロ。

東京と広島・三原が752キロ。これまた、新幹線があったら、日帰り出張させられる距離ですね。

ところが飛行機に乗ると、いまだにパスポートチェックはあるし、身体検査などなど面倒があって、結局時間がかかる。ヨーロッパが新幹線的なもので結ばれたら、ほんとに狭くなる。

で、そんなに「狭い」のに、ダンケルクとパリとアムステルダムとハノーファーとブリュッセルは、はじめて訪れた私にとって、全部が全部、異なる街だった。

東京ー三原間に、すべての都市が入ってしまう。なのに、全然違う。

それは、ヨーロッパがEUという大きな「枠」のなかでは「おんなじ場所」になったにもかかわらず、個個の都市が「つながっていない」からではないか。

「つながっていない」最大の象徴が、

どの街にも「コンビニ」がない、ということになる。

ヨーロッパ数カ国を駆け足で訪れたことで

逆に気づいた日本の景色の大きな特徴。

それは、「コンビニ」だ。

どんな田舎にいこうと「コンビニ」がある。

ちょっとした街だったら、目をつぶっていても「コンビニ」にぶつかる。

そんな「コンビニ」のないヨーロッパの都市は、

最近の日本の都市、とりわけビルの建て替えが延々進む

東京の街と好対照な共通点がある。

「空が広い」。

大都市のパリまでも、「空が広い」。

東京の中心部は空が狭い街が増えている。

超高層から高層から中層にいたるまで、ビルが増殖して、

空をどんどん覆っている。

こうした大型ビルの大半は、

1階に「お店」がある構造になっていない。

かくして、ビルはあれども「街はない」、という様相を呈している。

ヨーロッパの街は、空が見える、

パリも、ブリュッセルも、ハノーファーも、アムステルダムも。

高層ビル群がなぜ街にならないか。

1階を殺してるから、だけが理由じゃなかった。


歩いて気持ちいい街は空が見える。

日本でも、散歩したくなる街は、空が見える。

銀座も、谷根千も、表参道も。

空は、街のコンテンツなのだ。

街こそは、その土地の最大にしてもっともリアルな「メディア」である。

そんな街にとって、

「空」は、最高のメディアコンテンツである。

「空」は「から」じゃない。「そら」というコンテンツなのだ。

ビルで埋めると見えなくなる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

yanabo

メディアの話。

メディアの話を、します。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。