見出し画像

八尾の福祉を何とかしたい/制度の隙間を埋めるために

こんばんは。
八尾市議の畑中いっせいです。

皆さん、
だれに、どの政党に投票するか、
迷われている頃ではないでしょうか?

どんな政策を選択の決め手にするか、
それは人それぞれですが、
私自身は、
大局から八尾の未来を見据えた
政策を提案するとともに、
身近な福祉に力を注いでいます。

「一人ひとりの笑顔のために」

例えば障がいのある方、
引きこもってしまった若ものたち。
一人ひとりに夢や未来があります。

それぞれの事情を抱えていても、
働いて、経済的自立が
できるようになれば。
そう考えたのです。

彼らの応援団になりたいと、
1期4年、走り回ってきました。
彼ら一人ひとりをサポートする
NPOや市民運動とも出会いました。

しかし、ここで大きな壁に
ぶつかりました。
そう、制度の隙間です。

例えば、市政相談。
就労支援サービスを受けると、
仕事はできなくなり、
収入がなくなります。

その場合、
生活福祉貸付金制度を
利用し、生活費を貸し付けて
もらうことができます。

でも、以前にこの制度を利用し、
まだ全額を返済できていない場合、
再度、この制度を利用できないのです。

まさに今、貸付金を返せないほど
困っているのに、です。

このような相談を
いくつも受ける中で、
制度を活字だけで追っていても
見えないことが見えてきました。

そして今、
この制度の隙間を埋める、
新たな制度をつくることこそ、
議員の、
私の使命だと改めて感じています。

いよいよ明日、投票日です。
私にこの使命を、全うする機会を
与えていただければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

よろしければシェアもお願いします。
2
八尾市議会議員、畑中いっせいのnoteです。 議員活動を積極的に掲載しています。 詳しいプロフィールは下記URLをご参照ください。 https://note.mu/yao_hatanaka/n/n284a69a40f5b