みんなのnote自信作

99
ノート

9月22日

朝7時、スマートフォンのアラームで私は目を覚ました。 いつもの寝不足感と倦怠感を抱えつつ...

【短編小説】右から2番目に輝く恋

「1番目の恋は偽物だった?」 2番目の恋に悩む青年と人気俳優を目指す友人の話。 季節は夏、舞...

【noteつづけてみた】断続的も「続」のうち、と言うのであれば

noteを続けて10か月ちょっとになります。 とは言っても私の場合、毎日更新なんて程遠く、不定...

「運動神経」という言葉が無神経に使われなくなる日

「運動神経」という言葉がある。 Googleで「運動神経 意味」で検索した結果がこちら。 特に...

取り急ぎ、ご紹介!

おまゆさんが、昨日今日と拙作を朗読してくださいました! 感想、その他は後日、改めて書かせ...

ベッド

あの子が、いる。僕の横に。 窓ガラスにふと映ったもの。僕はうつ伏せで携帯をいじり、あの子...

#わたしをかたちづくったもの ~わたしをかたちづくらなかったもの

何度も書いて申し訳ないのだが、私は五歳の時、脊髄損傷が原因による下半身完全まひの身体障が...

心を閉じて誰もそこへは入れないで

父の病院へ行った帰り道。ちょうどタクシーが来てくれたので、乗り込んで自宅へ向かった。カー...

霊感がちょっとある一般人の見えてる世界はこんな感じ | 明るい心霊談#1

今日はちょっと霊のお話をします。苦手な方は見ないでください。 願わくば、霊感がもっと強け...

恋焦がれる気持ちは、なくさずにいたい

私にとって、小説を書くということは、心を描くということなんだと思う。 恋愛小説がメインの...