見出し画像

The Little Pianist〜6歳のクリエイターの可能性

6歳の娘さんは、私のパートナーにこっそり、ママの話をしていたらしい。

 「ママはお歌とかピアノとかいろいろ出来るから、ママのとこに生まれてきたの。」「私もいろいろ出来るようになりたいな。ママ忙しそうだけど、ほんとはピアノとか教えてもらいたい。」みたいな内容を。

パートナーは娘に「そのお話ちゃんとママにお話したら?喜ぶよ。」と伝えたら、「ええ、なんか恥ずかしい。」とのこと。

教育方針というほど大げさではないけれど、言葉をまだ知らないうちにで書いたように、娘さんには実用的なものより、何かクリエイティブなものを、と思っていた。

とはいえ、私がそうだったように、強制的にさせられたようなものは、どこかで屈折してしまう。

出来れば、純粋に楽しいと思いながら続けてもらえたら、と思っていたので、自分でやりたい!と言ってくるのを待っていた。

ボサノバを歌っていた頃のライブ映像などは見ていて、興味は持っていたようだったけど、ライブはしばらく休んでいるし、仕事に忙しいママという印象が強かったのかもしれない。

今年に入ってパートナーと3人で出かけた九州のイベント、九州でのアート展〜星の航海図展 Cosmic Map Revealeで、娘にとってはママの初ライブを鑑賞。一番前で娘が座っているのを不思議に感じながら、久々の歌やピアノ、舞をする。

それを見て何かを感じたからなのか、娘さんの先のパートナーへの発言となる。

娘さんの話を聴いたパートナーが、何より先に感動していたらしく  、娘さんに「ママに何か言いたいことあるんやろ。」と、娘さんを促してくれた。

そして娘さんからの嬉しいオファー。

ママにお歌やピアノを教えて欲しいと言われ、ママも感動。

「大変なこともあるけど、楽しく頑張ろうね。なんでも出来るようになるよ。」と、小さなクリエイターに希望を託す。

何かを表現することは、仕事にするとかしないとか置いといても、生きる上で私にとっては欠かせないこと。

娘さんはこれからどんな風に可能性を開いていくのかな。

その小さな芽を摘まないように、大切に見守っていこう。

娘さんとの連弾🎹

https://www.instagram.com/p/BqW8ysoBJJs/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=2zofebcax5os

今日は雛祭りだね、こんなにも大きくなってくれてありがとう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださってありがとう(•ө•)♡

スキ!

Yasmin

瞑想音楽家/プロデューサー/オーガニックフードライター/ホシノオトヨミ(占い) web→ http://yasmin22.storeinfo.jp music→https://soundcloud.com/yasmin22jpn

Art and more.

音とかアートとか。 ◆Yasmin22 - ヨガや瞑想にいい音楽を創ったり、歌ったりする人。 iTunes/ Amazon MP3/ Spotifyなどで音は聞けます。 https://itunes.apple.com/jp/artist/yasmin22/id45441...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。