決意/地下道ダンジョン

決意

楽曲テンポ:148

使用楽器:イングリッシュホルン、ホルン(6)、トランペット(3)、トロンボーン(3)、ピアノ、ガットギター、ストリングス(86443)

この曲も高橋Pがお気に入りと言ってくれている曲で、曲名の通りシナリオの大事なシーンでかかる曲です。
旅路の果てにそれぞれの主人公が抱えた「決意」が物語の中で収束していく様を音楽で描けるよう意識しました。

メインメロディを演奏しているのはイングリッシュホルンという楽器で、おなじみ最上峰行さん(@mogami_oboe)に吹いて頂きました。
オーボエと同族の楽器ですが、やや音域が低く、オーボエに比べて牧歌的で包み込まれるような音色が特徴的な楽器です。
その音色はオーボエのような艶やかさよりは若干陰りが有り、故に主人公達の持つ葛藤や苦悩を表現するのに最適な楽器なのです。
反面その後に出てくるストリングスのメロディは、前半のイングリッシュホルンと対比して、障害を乗り越えていく主人公達の「決意」を後押しするフレーズとして現れます。

汎用イベント曲ではありますが、オクトパストラベラーのイベントシーンを思い返した時に、あの曲良かったな、と思い出してもらえるような曲になるよう頑張って書きました。


地下道ダンジョン

楽曲テンポ:66

使用楽器:ティンホイッスル、アイリッシュフルート、ギター、ハープ、ピアノ、チェロ、ストリングス(86443)

この曲も社内評価版のダンジョン曲として初期に書いた曲で、その後メロディが分かりづらいと言う事でお蔵入りになっていた曲を、
どうしてもと言う事で復活させてもらった曲です。
やはりダンジョン曲はこういった情感たっぷりな曲になってしまうと言う悪い癖がバリバリに出ております。

ギターの音色は、民族系のライブラリに入っている打ち込みのギターの音で、ストリングスや笛系の音が生になる事により、打ち込みのパートも不思議と生に聞こえてくると言う、生録音あるあるが現れている曲でも有ります。
こういったギターの音色は楽器をそもそも奏者さんが持っていなかったり、持っていても個体差があって意図した音にならない可能性も有ったりするので、こう言う場合は積極的に使っていくと良い効果を産む事も有ります。


サントラ絶賛発売中!

サントラ絶賛発売中です、是非お買い求め下さい!

デジタル配信でも!

iTunesやmora等デジタル配信もやっているので、そちらでもBuy now!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

17

西木康智

ゲームとか映像の音楽を作ってます。「OCTOPATH TRAVELER」「プリンセスコネクト!Re:Dive」「GranBlueFantasy The Animation」「ガラピコぷ〜」等。Web: http://yasunorinishiki.com/

オクトパストラベラーサントラ楽曲解説まとめ

これまでの楽曲解説をまとめています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。