見出し画像

バビロンのデイライト(第1章の3)

 狛江氏の親切に対し、彼(ペガサス電機の町田氏)は御礼をのべた。

 ありがとうございます。確かに。確かに何でも新品がいい。それはわかります。でも、うちみたいな中小企業ならではの強みみたいなのもあるんですよ。ほら、やっぱり人と人とのつながり、みたいなものを重視するところがあるでしょう、昔気質の人って。大企業はそこらへんの、心の機微?というのかなあ、そういうものが抜けていて、人を人とも思わないといいますか。ね。だから、新型のドライムスが浸透するのって、なかなか時間がかかるような気がするんですよね。

(おや、おや?お前は何を言っているんだ?)
 的外れな発言に、狛江氏は眉をひそめた。

 彼(町田)がいま述べたことは、数年前に彼がまだ新入社員だったとき、先輩社員が言っていた文句と、一字一句、同じであった。その先輩は今やソニーに転職し、新型のドライムスをシンガポールの市場で開拓している。

 人や、人の考えは、変わっていくものです。先輩の発言を後生ありがたがって、何も考えずに、ただ繰り返す生き方は、怠惰そのものです。人の生き方にレッテルを貼るような真似は好きではないが、目の前の町田君の、その滑稽な、進歩のない生き方には失笑を禁じ得ません。
 
 何が中小企業ならではのいいところだよ。アホかよ。仕事しろ。
 狛江氏はにこやかに対応しながら、町田を罵倒しまくった。そして、ドライムスでその思考をそのままペガサス電機に送信した。
 
 二度とこんな使えねえ社員を寄越すんじゃねえぞ。なめてんのか。
 こ
 ろ
 す
 ぞ
 ♡

 しかしたとえドライムスで今の狛江氏の思考を読み取ったとしても、おそらく何の罵倒の兆候も読み取れはしない。なぜなら狛江氏は、ドライムス新型を使用する上での基本要件である「二重構造型思考」をしっかりと使いこなしていたからである。
 彼が考えることの下位レイヤーに関しては、読み取ることはできない。おそらく人間だから上げ底で思考しまくっているだろうことは予想がつくものの、その中身まではわからない。
 そしてそれは、今から町田が売り込もうとしている製品「ドライムスコンバータ」の限界だった。ドライムスコンバータでは、「二重構造型思考」には完全に対応していない。


 それでも、二重構造型思考、新型のドライムス、さらにはドライムスそのものを嫌悪する人たちはけっこういて、それが彼(ペガサス電機の町田氏)の顧客層であった。
 自分の知らないものを恐れたり嫌悪する人たちは、ちょっとでもその便利さを教えて理解させるとすぐに寝返ってきて、かつ自分から学ぼうという気がないので、いちど教えたやり方を猿の自慰行為よろしく繰り返す。だから顧客にしてしまえばだいぶ長い間にわたって商品を売りつけることができる。しかも、最新の技術のものでなく、少し古いものでも「最新の製品」として売れるのですこぶる楽なのである。
 
 狛江氏は彼をテントの外に連れ出す。客のところに案内してくれるというのだ。


 昼をすぎると、店を出すバラックが並ぶこのあたり一帯には、さらに人が増えてきたようであった。食事をする人、買い物をする人、老若男女が入り混じった人いきれがする。ごったがえす駅のホームか、東南アジア諸国の活気のある市場を想起させる。

 実際、ここらへんのホームレスの皆さんはですね。そこらの中小企業のおじさんよりも、ずっと最新の技術トレンドに詳しいですよ。ゾイドの下請けをやって、月に二回、ボンベイに出張している有名なエンジニア連中もいます。それでホームレスをやって、炊き出しを食ってますからね。
 狛江氏は笑う。
 ここの住民はドライムスの新型なんてベータ版が出た時から使ってますよ。いや、ヘタしたら開発にジョインしている連中もいるんじゃないかな。それでなぜホームレスをやっているかというと、家賃を払って家に住むという発想に我慢がならないからなんだそうです。ミニマリズムも行き過ぎると、なかなか味わい深い生活様式にメタモルフォーゼしちゃいますよね。

 で、私のフィーですが、成約金額の五割はいただきたいんですよね。

 狛江氏はにこやかに言う。 
 五割?なんと法外な。完全に不平等条約じゃないか。町田はうろたえる。


 どうですかね。おたくにとっては、ソニーやゾイドに先がけてドライムスコンバータで新宿区を押さえられるんですよ。(いい気味だ。リストラされろ。無能め)なに、初回だけですよ。五割くらい・・・それくらい、いただいてもいいほどの、おいしい話だと思いますがねえ?
 いかに魅力的なお客であっても、そのフィー条件を彼の上司が許すとは思えない。今まで楽勝な案件だと思っていたのが、急な暗雲が立ち込めてくるのを感じる。(当たり前だぜ。仕事をナメてもらっちゃ困るね)

 お前は営業として、受注がほしいからといって、そんな不当かつ非常識な条件を飲むのか?まさか?それならもうお前は、ビジネスなんかしていないで家に帰ってシコって寝ろってことだぜ?口だけで、できもしない約束を言うだけなら、口の使い方がなってねえな。フェラチオ専門家にも弟子入りしてきやがれ。

 わかりました。確認します。町田の声は隠しようもなく震えてしまう。

 (ひょー。(つまらん男だぜ)(まったく金のニオイがしねえ)まともな営業マンを連れてこいよ。ペガサスさん!)


 ありがとうございます。お願いしますよ。いいお返事をお待ちしています。

(つづく)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

Yatomic cafe(音楽/小説/ブログ)

バンド「ツタン」のボーカル/会社員/自作曲のアップ/小説など書く/読み物サイト「ヤトミックカフェ」の主催など http://www.yatomiccafe.com/

バビロンのデイライト(連載小説)

「バビロンのデイライト」という長編小説の、第1章のみを全10回に分けて連載いたします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。