就職に失敗した引きこもりが起業したら意外と上手くいった話


この記事では、僕の就活期から

起業して今に至るまでの記録をまとめている。(~2017年7月まで)


有料記事で読む人も少ないだろうし、

あまり内容を抑えずに、書けることを書き連ねていこうと思う。


こういう自分の歴史を語るときって、

無意識のうちに美化したり脚色したりしがち。

気をつけて書いていきたい。


これから物販を始めてみようと思っている人や

スモールビジネスで起業しようと考えている人の

参考になれば幸いだ。


かなり長くなるけど、ぜひ最後まで読んでみてほしい。


第1章 自己紹介


名前:イエティ
1991年生まれ 実家暮らし
学歴:私立4大 経済学部卒
資格・免許:普通自動車第1種運転免許(AT限定)、英検3級
長所:パソコンの前に何時間でも座っていられる。
短所:コミュ障、豆腐メンタル
自己PR:がんばります!


本題に入るまえに、今の僕の状況を紹介する。

物販という括りでは、だいたい月50~90万円ぐらいの利益がある。


月によって差はあるけど、

最近は少なくとも50万円以上は稼げている。


アフィリエイトでもわずかな利益(月5千~1.5万円ぐらい)があるけど、

あくまで稼ぎのメインは物販。

物販に関してはそこそこ自信がある。


ちなみに僕は、2年ほど前まで

就活に失敗したただのニートだった。


特別なスキルや人脈は持っていない。

簿記3級の取得をあきらめたぐらい勉強ができない。

友達もいない。喋るのも文章を書くのもへたくそ。

テレビゲームすら途中で投げ出してしまう。


どちらかというと無能の部類だ。


1つ特別な点を挙げるとしたら、

お金が大好きだったということだろう。

小さいころから、お年玉を貯金して

口座残高が増加していくのをニヤニヤ眺めるような子供だった。


お金を使うことより、

お金を貯めることに喜びを感じる人間だった。


大学時代に「資産運用」という概念を初めて知った。


お金を稼ぐには、働く以外の方法があるんだという

新しい発見にとてもワクワクした。


将来就職したら、給料をできる限り

株などへの投資に回して資産を作り、

40代ぐらいで早期リタイアしようと妄想していた。

結局就職すらできなかったわけだけど。


まあとにかく、お金が好きだという特性は

僕の最大の強みだと思っている。


今もあまり苦痛を感じずに仕事を続けられているのは、

この性格のおかげだろう。

これは起業してから過去の自分を振り返ってみて気づいたことだ。


・仕入れ先について


僕は商品をほとんど海外から仕入れている。


なぜ日本ではなく、わざわざ海外から仕入れるかというと、

海外の企業は、メールだけで仕入れ交渉できるところが多いからだ。


僕も意図的にそういうところだけと

取引するようにしている。


日本企業だと、対面や電話での交渉しかできないとこが多いらしく、

コミュ障にはかなり厳しい。


・販売媒体について


現在使っている販路は主にアマゾン、楽天、ヤフーショッピングの3つ。

(一応ヤフオクと独自ショップでも販売してる。メインではないけど。)


販路ごとの売上推移などは次の通り。


この続きをみるには

この続き:17,822文字/画像12枚

就職に失敗した引きこもりが起業したら意外と上手くいった話

イエティ

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

イエティ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。