向き合うのは、しんどい。noteはじめました

サポート、よろしければお願いします。

以下、フェイスブックページより一部転載https://www.facebook.com/yggdrasill36sekaiju/

ご報告
今年の2月に、化学物質過敏症(MCS)の方(以下Sさんとします)に居場所を提供しました、
その方(Sさん)は隣の家の塗装が急に始まり、避難場所がないということで、
やむを得ず、私のところに来ていただく事になりましたが、
Sさんの持ち込まれた私物が農薬で汚染されており、
提供した場所まで汚染されてしまいました。

何度も掃除をしていますが、いまだに落ちていません。

私の服も汚染されてしまい、洋服のいくつかは捨てる事になりました
その方に洋服代はいただかないといけない旨を伝えましたが、
伝えた後に急に態度が変わり、

その後は私との話し合いにも応じようともせず
こちらからは金額を提示していなかったのですが、

その方の、お気持ちということで、お金を置いて自宅に帰られました。

私、自身も化学物質過敏症なため、その場所には入る事ができずに、そのときは親が対応しました。

その後、Sさんにはツイッターで、私に対しての文句や嘘、

お金目当てじゃないかなど、ひどい事を言われ、大変困りました。

Sさんの親御さんに電話をして、ツイッターで嘘をいうのはやめてほしいとお願いをしましたが親御さんには「訴えますよ!」などとすごい剣幕で怒鳴られました。

私の方は「お金目当てと言われるくらいならお金は返します」と電話でいいましたが、
応じてくれず、ツイッターで文句を言い続けられてしまいました。

避難場所がないことを、不憫に思い、善意でしたことではありますが、
あまりにもひどい言われように、
私自身も、化学物質過敏症なため、これでは自分の体調が悪くなってしまうと考え、今後の活動のあり方を考え休んでいました、

汚染されてしまった場所はいまだに農薬が落ちずにとても、困っています。

除染にお金もかかってしまい
その方からいただいたお金だけでは足りず、
皆様のご支援が必要です。

化学物質過敏症患者は、洋服でさえ苦労します。

私の場合、新品の服は何度も洗って干してを繰り返して

やっと着られるようになります。

素材も、何でもいいわけではありません。それぞれの人によって違うので、ここでは、どれとは言えませんが、素材を良く見て選ばないといけません。

汚染されてしまった服は、いくつかはあきらめられず捨てられないものがあり、クリーニングに出しましたが、クリーニングでさえ、どこでもいいというわけではありません。

純石鹸のみ、石油系を使わないで洗浄をする所などクリーニング店でさえ選ぶのに何日もかかり、ネットで探し回らないといけません。それでさえ完璧ではなく、クリーニングに出した後も、自分で何度か洗わないと着られるようにはなりません。

私がその方に提供した場所は、汚染されてしまったため私は曝露するので、行く事ができなくなり、親が今も掃除をしてくれています。


※MCS患者自身がやっております。お互いに無理のないように活動しています。
できる事はそれぞれ違い、限界もありますのでご理解ください。

※安全のため匿名でやっております。
さまざまな環境や事情で、そうせざるを得ない状況にあります。
今後も公表はできませんので、ご理解ください。

※化学物質過敏症(MCS)についての説明はジャパンギビングのサイトにありますのでよろしければご覧下さい。

ジャパンギビングクラウドファンティング
https://japangiving.jp/supporter/project_display.html?project_id=20003906

ジャパンギビングのサイトがメンテナンス中で読みずらく少々活動がわかりにくいページになっています。(私の方で編集できない状況で運営側の問題です)

noteでのサポートも受け付けています。

どなた様もやりやすい形で支援していただけると嬉しいです。

(#5から有料記事になっています。有料にしたのは安全のためですが、理解していただけない方がいるようで、コピペしてみせてほしいとお願いしてくる残念な方がいらっしゃいました。こういった行為は違法になります。また、有料記事の転載、引用もやめてください、見つけ次第、法的措置をとらせていただきます)

題名がなぜ「向き合うのはしんどい」のかについては後の記事に続きます。

向き合うのはしんどい#2に続く

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

優しいあなたに幸あれ。
7

yggdrasill36

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。