見出し画像

思い出

暇つぶし程度で読んでくださいね。

私が競艇に始めて行ったのは4歳かららしい。
当時、両親に連れて行ってもらってた。

もちろん、あまり記憶はないが競艇場の中にある公園らしい所で遊んでた記憶がある。

よく、迷子になってたもんだ。

てか、親が夢中になりすぎて放置されていたw

よく、車で待たされる事もあった。
あの時死ななくて良かったぜ。

戸田競艇場によく行っていたが、今みたいな競艇場に行くまでの大橋はなく川に引かれた浮き橋みたいなものを通って行くんだ。
人がわんさか歩くもんだから、揺れる揺れる。怖かった記憶がある。

小学生になった私は、舟券を購入したくて親に頼んで買ってもらってた。

「コーチヤ、ノミヤ、禁止」なんて書かれてたな。

当時は3連単なんてモンはない。
1Rから確か6、7Rまでは連勝複式しか買えなかった、(競馬だと馬連)
それ以降のレースから単式が買える。(馬単)複式は買えなかった気がする。

マークシートなんてなくて、窓口で口頭で買うんだ。3-6買うのにサブロクって言うのが父ちゃんカッコいいって子供ながら思ってたぜ。

窓口が開場したら、おばちゃん達が一斉に小窓を開け始める。凄い人数がいた。
そして、そのおばちゃん達が手打ちでバチバチ打ち込むんだ。1-2.1-3〜〜ってね。
その捌き方がまたプロっててカッコいいんだぜ。

口頭だからさ、今より購入するのに時間かかるんだ。
締め切り数分前とかになると、並んでるオヤジ達は苛立ち始めて、
「早くしろよ!何やってんだ!こらぁ!」

なんて良く聞いてた。

並んでたのに、締め切られて買えない事もあったな。それが、来るんだよまたww

ネットなんてないから、全てキャッシュ。懐かしいぜ。

最終レースとかになってさ、当たった場合なんて払い戻しの窓口なんて行列だ。
そして時間がかかるんだ。

でもね、時間をかけずに換金できる方法がある。
それは、腰にでっかいウエストポーチをつけて腹巻に札をわしゃわしゃぶっ刺して、小銭をワンサカもってる、怪しいおっちゃんが歩いてるんだ。
そのおっちゃんに券を渡すと換金してくれる。

そう、もちろんオフィシャルだ。ちゃんと雇われている人達。今でもいるのか???

ただ手数料が100円かかる。

競艇場には予想屋ってのがいるんだ、
それがまたカッコいいんだよ。
知らない人は何言ってるかわからないくらいのダミ声で叫んでるからね。すんごいダミ声だぜ!

その予想屋からは100円で予想が買えるんだ。
100円払うと予想が書いてある紙がもらえる。
よく素人がやりがちなのが、その予想を買ってその場で紙をおおっ広げる奴がいる。

これはダメだ。
絶対周りの前歯の無いオヤジ達が見てるからな。
気をつけてくれ。

人気の予想屋は周りに人だかりができる。
そして、売り出す前に考察が聞ける。

買い方は100円を台の上に置いて右手を台の上に置き広げて待ってろ、クシャった紙が渡される。少し離れた所でコソっとみる。

すぐ捨てるなよ!!!前歯のないオヤジが拾うぞ!

締め切りになると、予想屋達は習字で私はこの予想でしたと書き始めるんだ。
それを見て、あの予想屋はこうか、あそこはアレか、なんて思いながらレースを見始める。

その予想で買ってデカめに当たると、予想屋にはご祝儀が入る!
次の予想を100円で買わずに1000円、5000円、中には1万とかで買うんだ。おつりはいらねーぜってな。

その予想屋はそのご祝儀を店のボードに貼り付けるんだ。それがカッコいいんだよな。

当時、好きだったレーサーは

植木、今村、野中
これだ。

当時はいまみたいにモンキーターンする人はなかなかいなかった。少し浮かすくらい。座りっぱなしの奴もいた。

そこで衝撃を受けたのが植木。

この人のターンを生で見た私は衝撃が走った。
周りのレーサーは植木のモンキーターンのマネにしか見えなかった。

ターンが違う、バタバタしない、なんだこりゃぁぁぁてな

総理大臣杯で植木が勝った時は感動した。
植木ぃ植木ぃぃぃって涙を流したのを覚える。

その時もちろん小学生だ。

私がモンキーターンを知り、チャリでモンキーターンをして壮大にコケた話は、はぶく


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます
2

腹筋ばきお

腹筋ばきおです。超初心者トレーダーです。競艇好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。