写真平野啓一郎YI入

読書メモ 平野啓一郎

平野啓一郎氏は2018年でデビュー20周年だそうで
誠におめでとうございます

note連載の『ある男』も文藝春秋社よりついに発売
https://note.mu/info/n/nae1d5a7c9758
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163909028

先日noteの発表を拝見して自分の事のように大喜びする私です
実は私がnoteを知ったのは平野氏の『マチネの終わりに』
がきっかけだったのでした

元々『日蝕』以来の作品は愛読していますが
音楽を扱ったものでは『葬送』もお気に入りです 
『葬送』は資料の扱い方が流石というたっぷりした満足感がありました
この『マチネの終わりに』は
ジュンク堂書店某店にて購入したのでサイン本です♪
『マチネの終わりに』は映画化も決定の模様ですし
これまでと同じく今後もどんな作風のものが発表されるかが楽しみです

作風の幅広さが魅力でもあるんですよね
というわけでざっくりではありますが読書メモでした

◆参照◆

平野啓一郎公式サイト
https://k-hirano.com/news

文藝春秋社
http://www.bunshun.co.jp

映画.com
https://eiga.com/movie/89506/

(以上2018年10月1日)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご訪問ありがとうございます 今後の活動の支えにさせていただきます これからもよろしくお願いします

ウフフな気分でさらに一杯になります! 有難うございます
19
他所から引っ越してきました。ぽつぽつと気まぐれですが更新中。アート関係専門。ここで気になったNEWSをとりあげたり、大好きな古典文学作品等について語っていたり、ライターとしても情報発信中。映画やピアノも時々楽しんでいます。よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。