近視が強く、メガネをかけると他人から見て目が小さく見えてしまいます。(お悩み)

めがねのレンズの光学的特質上、根本的な解決は不可能です。
ですので、いくつか工夫できる点をお話しさせていただきます。
よろしくお願いします。

よくお問い合わせいただきます、「目が小さく見えてしまう」問題。

これはメガネと目の距離が離れていることが原因で起こります。

同じ性質を持つレンズでも、コンタクトレンズだとこういうことは起こりません。それはコンタクトと目の距離が0(ゼロ)だからです。

ですので「めがね」において、この問題に対する根本的な解決は不可能なのです。

ですので、3つほど工夫ポイントを挙げますので参考にしてみてください。


1. レンズ径の小さいフレームを選ぶ

大きいレンズの中に小さい目があると、なおさら目の小ささが目立ちます。

また目が小さくみえるほどの強度数の方は、レンズ径が大きければ大きいほど外側が分厚くなり重さも増します。

見栄えだけでなく掛け心地の点においても、レンズ径が小さめのフレームを選ぶことがまず第一かと思います。


2. 目とレンズの距離を近めにフィッティングしてもらう

(ただしこれは腕のあるめがね屋さんで行なってください)

目とレンズが離れれば離れるほど、目が小さく見えてしまいます。

めがね屋さんにレンズ加工前にあらかじめ「目が小さくなりたくない」と伝えてみてください。もちろん顔の形やまつ毛の長さなど、いろいろと要素はありますが、最善の方法を教えてもらえるはずです。


3. コンタクトとの併用作戦?

コンタクトレンズに抵抗がなければ、併用という作戦もあります。案外賢い作戦かと思っています。

その場合、コンタクトレンズを弱めの度数(近用、例えば両目で視力0.6以下など)で処方してもらいます。これで近方の視力をまず担保します。

そして運転や映画鑑賞など、遠用時に必要となる「コンタクトの上からかけるメガネ」を用意します。

これで近くも遠くも楽に見ることができ、そして目が小さく見えてしまうことも防げます。

家では目が小さく見えても構わないでしょうから、家用にコンタクトなしで使うメガネがもう一枚あれば良いでしょう。

コストかかりますし面倒ではありますが、良い方法かな?と思っています。


以上です。根本的な解決にならなくて本当に申し訳ないのですが、少しでも参考になればと思っています。

ご質問、本当にありがとうございました!


(追記)

ではどうしてコンタクトだけではダメなのか?ということなのですが…

実は「近視」とは「近くが見やすい目」だと考える方が正確かと思います。ですので、それをめがねやコンタクトレンズの矯正で遠くが見えるようにした場合、

それは「遠くまで見えるようになっている」ということではなく、「近方の見易さを捨てて、遠くが見えるようにしている」ということなのです。

なのでがっつり遠方までよく見えるような矯正をしてしまうと、逆に近くを見るのにすっごい疲れるようになってしまいます。

ですので、強度近視の方で、
・コンタクトも選択肢にある
・目が小さくなるのが嫌だ
・近距離は楽に見たいが、たまに遠方視力も必要だ

こういう方は、
「弱い近方重視のコンタクトレンズ」
「遠方時にコンタクトと併用して使うめがね」
という作戦は、かなり理にかなっていると考えています。

ただし、コンタクトが苦手な方や、乱視がある方はこの作戦も通用しないので…

お力になれずすみません、と言うしか無いのが現状なのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ONAGA Kumio

めがねに関する質問に答えます。

めがねブランド『Onimegane®』のブランドマネージャが、めがねのことを知っている範囲で正直に答えています。質問はこちらからどうぞ→https://marshmallow-qa.com/kumioonaga?utm_medium=url_text&utm_source=...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。