三浦陽一

兵庫県生まれ。大学教員(愛知県)。専門は日本政治史・日米関係史。著書『吉田茂とサンフランシスコ講和』、訳書『敗北を抱きしめて』(ジョン・ダワー著)など。海外の学説を参考にしつつも、オリジナルな歴史理論・英語論をめざしている。

アイスランドの消えた氷河

アイスランドは、日本の北海道よりもやや大きい、北大西洋の島国。

400以上の氷河があるが、そのひとつ、 "ok" と愛称された氷河が瓦礫の溝となったため、2014年、もはや「氷河」ではないとされた。

このたび2019年8月、"ok" の消失を公的に認定する行事が予定されており、これを記念する銘板 plaque が公開された。

"A letter to the future " と題する銘板に

もっとみる

【コラム】第三人称とは、「話を聞いていないもの」のこと

トランス・グラマーでも、話し手は第一人称、聞き手は第二人称と呼んでいる。

言語の世界では、聞き手がいるから話し手がおり、話し手がいるから聞き手がいる。しかも話し手は一瞬にして聞き手にまわり、聞き手はいつでも話し手になりうるから、第一人称と第二人称はいつでもペア(互いに支え合う関係)である。

 "we" は、複数の話し手 ”I” どうしという関係を表す、第一人称の一種である。

そうすると、第三

もっとみる

英語のオペレーティングシステム(OS)

オペレーティングシステム(OS)は、

「コンピュータのハードウェアとソフトウェアを管理する、最も基本的なソフトウェア」(坂村健『大人のための「情報」教科書』数研出版、2003年、220頁)

Windows とか Mac OS とか Android OS とかが代表的なOS で、随時改良されている。

OS が「最も基本的」である理由は、「ハードウエアを直接動かす」ためのソフトウェアだから。OS

もっとみる

歴史への礼節について 「アメリカを出て行く」のはトランプ氏のほう?

つい最近、トランプ米大統領が、四人の新人下院議員について「そんなにアメリカが嫌いなら、生まれた国に帰れ go back 」 という主旨のツウィートをし、演説までして、物議をかもしている。

https://time.com/5626478/trump-racist-tweets-setbacks-immigration/?utm_source=time.com&utm_medium=email&u

もっとみる

音韻と音素 どうちがうか

音韻(おんいん)と音素(おんそ)は、よく似た言葉。

和英辞典をみると、どちらも phoneme となっている。おそらく音韻・音素は、いずれも phoneme の訳語であろう。

どのようにして一つの語に二つの訳語ができたのかはわからないが、両者の違いについて、少し調べたことをメモしておきたい。

音韻とは、「言語として認識される抽象的な音の体系」と研究社の『新和英大辞典』がいうように、「体系」性

もっとみる

英語の発音法 まとめ(ひとつの息と三つの声)

英語の音 sound を支えているのは、ひとつの息 breath と三つの声(基音) voices である。

① h は 英語の息 breath。横腹をしぼるイメージで、下腹から喉へと細く息を出す。英語で生きているとは、h で息をすること。

h は、無声音の基音(下から支える声)voice でもある。

② ɚ は有声音の基音 voice。舌根を下げて胸を鳴らし、h の有声音を出す。だから ɚ

もっとみる