2-3-3 物体(物質名詞)は対象の物性をとらえる(特体)

対象の物性(物としての性質)を体概念化したものが、物体(物質名詞)である。

集体(集合名詞)や独体(固有名詞)は、人やものごとの抽象的な性質を名詞にしている。これと同じく、物体は物質の抽象的な性質そのものをとらえた名詞である。そのため、物体は個・回といった個別具体的な相(そう)をもちにくく、そのぶん個別態(a(n)/-s)をとることは少ない(種の相をもつときは、個別態をとる)。

物体には、次の三種類がある。

均質体  日常的な物が均等にもつ物性をとらえて体概念としたもの。水や空気のように、どこをとっても均一な物の物性をとらえた概念である。例:water, air 

混質体  日常的な物の不均等な物性をとらえて体概念としたもの。ゴミとか残骸のように、いろいろな物が混じっている対象の物性をとらえた概念である。 例:trash, wreckage

理質体  物質の物性を科学的にとらえて体概念としたもの。水素とか麻薬とかDNAのように、高度な概念が多い。 例:hydrogen, opium, DNA



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

祈・世界平和 (^O^)

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。