🔳 4-0 体が態へと解(ほど)けて文になる(解)

文では、体が態と関係づけられ、さらに体と体、態と態が関係づけられる。こうして一定の規則にしたがって、心の中の対象が解(ほど)けていき、つながりとなって文になる。

これは、私たちの体(身体)が態(衣装)をもち、解(ポーズ)をとっていくのと似ている。

英語の文をつくる概念(解)には、次の三種類がある。

構解   いわゆる文型。学校英文法では「五文型」がよく知られているが、トランス・グラマーでは 3 x 3=9 つの型を提案する。9つの型はバリエーションを生み出しながら、文と文を組み合わせた文章へと成長していく。

立解   いわゆる前置詞。文と、他の体との関係を概念的に明示して、構解をさらに立体的に解(ほぐ)す。give up のように、前置詞の次に目的語(体)がないタイプもここであつかう。

連解   いわゆる接続詞。文と文、体と体、態と態。こうした同等のものを結合して文を凝縮し、濃厚な概念の集まりにしていく。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

明日も晴れです!(^O^☆♪
1

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。