「いまだに引きずっている」は、 "I still carry that with me."   スターバックスのシュルツ インタビューから

スターバックス創立者のハワード・シュルツ氏が、2020年のアメリカ大統領選挙に出馬するのではないか。

アメリカの一部にそういう期待があり、本人もその可能性を否定していない。

シュルツ氏のトランプ嫌いは公然たるもの。最近のインタビューで、シュルツ氏は次のように言っている。慎重かつ強烈なものの言い方の見本として、紹介してみよう。

"Nobody wants to see Donald Trump remove from his office more than me.... I'm certainly not going to do anything to put Donald Trump back in the Oval Office."

( "Howard Schultz's Radical Idea: Nothing Too Radical, "  TIME, January 27, 2019 )

「トランプ再選に絶対協力しない」という言い方で、トランプを強く批判し、かつ自分の大統領選出馬の可能性を示唆している。

シュルツ氏は、貧困層が住む公共住宅で少年時代を過ごした。そこから身を起こして成功した彼はアメリカン・ドリームの実例であり、その点は大統領選で有利に働くだろう。

富裕になった今も貧困の体験が忘れられないことを、彼はこのインタビューでこう表現している。

“I grew up in public housing. I still carry that with me today.”

この "carry" という動詞は、日本語の「引きずる」というニュアンスに近いものがある。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日もいいことありますように \(^o^)/
3

三浦陽一

英語の基本日記 日本に英語がない理由

日本の英語熱は今も高い。だが、そもそも日本に英語はないのでは?... そういう角度から考えてみます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。