🔳 0-0 「明日、火星に行きます」 言葉は心の出来事を表す

人が思いを共有できるのは、言葉があるから。

人間の自由は、言葉が支えている。

言葉の世界は、現実の世界ではない。現実を表すことはできるが、言葉じたいは、時間と空間にしばられた現実の世界から独立している。

「明日、火星に行きます」

これは現実にはありえないが、言葉としては立派に成立している。

そもそも言葉は、どういう仕組みでできているのだろう。

言葉はさまざまな意味をもつが、意味のもとは概念にある。

個々の話し手は、社会の人々が共有している概念を参照しながら、自分の意識を表現していく。聞き手も、概念を参照しながら話し手の言うことを理解していく。

どんどん使われる概念は、深みを増していく。あまり使われずに忘れられていく概念もある。概念は、人が何度も使ううちに互いの関係がはっきりし、きれいな体系をつくっていく。

道具があちこちにちらばっていると、使いにくい。使い道ごとに整理された道具箱があると、ぐんと使いやすくなる。外国語も、概念の体系がどうなっているかを知ると、ぐんと習得しやすくなる。

トランス・グラマーは、英語のばらばらの知識ではなくて、英語の概念の体系をみなさんにお見せする。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

今日もいいことありますように \(^o^)/
2

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。