【コラム】  <一回性・複回性・超回性>の体化が反復体(統体)

具態体のひとつである反復体は、対象がもつ反復性を体概念化したものである。

例えば、day(日)は、地球上の時間が<朝ー昼ー夜>として反復するという属性を体(名詞)にしたものである。

 反復体には、次の三種類がある。

一回体 <始ー中ー終>という時間的構造をもち、そのつど終了する一回性の概念。一回体は、個別態(冠詞)のa(n)をとりやすい。それぞれは一回で終わるが、この世では何度も反復される。life, love, disease, marriage, death, bath, cold, trouble, flight

たとえば 、入浴 bath には決まった「形」がないのに、 take a bath というが、これは bath が<始ー中ー終>という時間的構造をもつ一回体なので、一回、二回...と数えられるからである。

複回体 <始ー中ー終>のなかに、さらに小さな反復を含んでいる複回性を体概念化したもの。three beats a second(1秒ごとに三回)    反復全体を一回ととらえれば、 単態で表すほうが適切なこともある。the beat of waves

超回体  何種類もの反復が無数に複合したものを体概念化してたもの。<始ー中ー終>の「回」を認識にくい分、a/-sをとりにくい傾向があるが、「種」が認識できれば、a/-s で表すこともある。 agriculture, religion, services(何種ものサービス)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

憲法九条は日本丸の灯台だあ (*^◯^*)

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。