🔳 3-1  冠詞は統体のその場での独立性を表現して、心の場面を立体的にする(具態)

話し手の心にある統体(名詞)は、その場面ごとの独立性をもつことがある(具態)。

具態には、その統体が単独 a(n)  ã§ç‹¬ç«‹ã—ている単態、複数-s で独立している複態、話し手の認識に先行して、その場で唯一のものとしてすでに定着している定態 the がある。

われわれにとって、a(n), - s, the を使いこなすのは容易ではない。

じつは、単・複・定のどの態にも、統体の構造性を基盤にした個相、反復性を基盤にした回相、分類性を基盤にした種相という三種類の相(そう)がある。心のなかの体が、個・回・種のいずれかまたはいくつかの相(そう)をもっていることを、<具態をもつ>という(相とは、態を細かく分けた概念)。

具態の概念は、意味としては、単態が出現、複態が並存、定態が定着を聞き手に感じさせ、表現に具体性と立体性を与える。

以上のことを表にしてみよう。


                    æ¦‚念                   æ„å‘³

態/ 相           å€‹ã€€          å›žã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€   種         
 
a(n) 単態           å˜å€‹ç›¸ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€  å˜å›žç›¸ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€å˜ç¨®ç›¸ã€€ã€€ã€€     出現

-s    è¤‡æ…‹ã€€ã€€ã€€         複個相       è¤‡å›žç›¸ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€è¤‡ç¨®ç›¸ã€€ã€€ã€€ã€€  ä¸¦å­˜ 

the  å®šæ…‹ï¼ˆå˜ãƒ»è¤‡ï¼‰  å®šå€‹ç›¸ã€€                å®šå›žç›¸ã€€              å®šç¨®ç›¸              å®šç€


参考までに、上の表に例語を入れておく。


                 æ¦‚念                 æ„å‘³

態/相       個         å›žã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ã€€ 種         

a(n) 単態     a piece       a period      a kind      出現
-s    è¤‡æ…‹ã€€ã€€    pieces         periods         kinds       ä¸¦å­˜
the  å®šæ…‹ã€€ã€€   the piece(s)         the period(s)        the kind(s)            å®šç€
                      


-s の概念は a(n)の概念を含む。theの概念は a(n)と-s の概念を含む。

具態を表現する必要がないと話し手が判断したときは、無冠詞となる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

憲法九条は日本丸の灯台だあ (*^◯^*)
1

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。