【コラム】 次に基本的なのは、 from/to, of/for, by/with (立解)

on/off, in/out, at/away がいちばん基本の立解(前置詞)だとすれば、その次に基本的なのは、 from/to, of/for, by/with である。

以下、それぞれのペアがどんな概念か、簡単に説明しておこう。ペアで理解することで、それぞれの概念の特徴がくっきりとわかる。終わりに、それぞれの概念をイメージした図を載せたので、参考にしてほしい。


from/to(移動)     N1(立解の前の部分を体とみなしたもの。N はnoun名詞の頭文字)が、N2(立解の目的語)まで概念上移動して、直に接触する。

from と to では、移動の方向が逆になる。

from では、N1はいったん出発点N2までさかのぼり、あらためてN1まで移動する。She is from Japan.     

toでは、N1が概念上移動して、N2に接触する。She walks to school every day.


of/for(因果)  物理的な関係ではなく、観念上の因果関係を表す。of は原因、for は結果である。of は因果の出発点、for は因果の到達点ともいえる。

of では、原因(出発点)であるN2が、結果N1(到達点)と因果関係をむすぶ。The man robbed the bank of the money.    この文では、the money が原因または出発点となり、その結果銀行が襲われた、というのが原意である。

for のN2 は、N1の概念上(想定上)の結果(到達点)なので、まだ実現していなくてもよい。また、結果の内容が複雑な場合、N2には内容を示唆する体(名詞)を一語示して、あとは聞き手の想像にまかせる。 Smoking is bad for your health.    結果の内容を明確にしたいときは、N2のあと to~ で補強することもある。It is important for you to go at once.

なお、I came here for this reason.  のような文では、N2 が原因・理由のようにもみえるが、 この reason は、N1が求めている観念上の結果である。

for は、原因N1から結果までにかかる時間や距離もN2として表現できる。あることにかかる時間や距離も、観念上の結果だからである。She stayed here for three days.   He walked for six miles. 

of は回帰世界、for は予想世界ということもできる。


by/with(授受)  観念上の力の授受を表す。by とwith では、授け手と受け手が逆になる。by では、N2がN1に力を授ける。government by the people (ゲティスバーグ演説) with では、N1がN2に力を授ける。He went to the party with her.







この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

悲しいときも、とにかくスキだ!\(^o^)/

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。