🔳 3-5 <~ing・to~・接辞> 概念は変成する(変成)

すでにある語を少し変形するだけで、新しい概念や反対語がつくれることがある。日本語では、たとえば「黄色い」に「の」をつけて「その黄色いの、ちょっと取って」などと、形容詞が名詞として使えたり、「合格」に「不」をつけて「不合格」というだけで反対語ができる。

英語にも、こうした概念の転換をおこなう方法がある。これを「変成」と呼ぶことにしよう。変成には、おもに次の三つの方法がある。

① ~ing 変成     動態(動詞)の後ろに~ing をつけることで、体(名詞)に転換する変成。いわゆる 動名詞で、この方法でたくさんの体がつくられている。~ing 変成による名詞は、「みんなが〜しているということ」といった超回性(いろいろなところで、いろいろなかたちで行われているという性質)をもち、定形性がないため個別態 a/-s をとりにくいものが多い。もっとも、そうした行為の結果できた有形物(構造体)を指すときは、a/-sとなる。skiing, reporting,  coughing, writing(s), reading(s)

② to~ 変成   å‹•æ…‹ã« to~ を付加することで、体、状態、様相へと多角的に変成する。いわゆるto不定詞である。文中での働き方は多彩だが、to~変成に共通していえることは、移動の立解(前置詞)to から感じられるように、 「そういうことをするとすれば」といった未着手のニュアンスがあることである。この点で、「すでに〜している」という着手のニュアンスがある~ing 変成と対照的である。

③ 接辞変成  ~ing と to~ 以外にも、接頭辞や接尾辞(あわせて接辞という)を付加して別の概念をつくる方法がある。主な例をあげると、

・接頭辞による変成     åå¯¾èªžã‚„変種の概念をつくるが、接頭辞は概念のカテゴリーじたいは変更しない。

反対語をつくる接頭辞    unkind, dislike, 

変種をつくる接頭辞    overcome,  underestimate, transparent 

・接尾辞による変成    接尾辞は、概念のカテゴリーを変更する。接尾辞が類を表し、残りの部分で種を表すという関係になる。

-ion は、おもに動態(動詞)に付加して、反復体をつくる。 election, decision

-ness は、おもに状態(形容詞)に付加して、分類体をつくる。tiredness, kindness

-ly は、おもに状態(形容詞)に付加して、様相(副詞)をつくる。beautifully,  generally         ただし、friendly のように、体を状態(形容詞)化する例もある。accordingly のように、動態~ing ーly といった重層的付加の例もある。

状態(形容詞)や様相(副詞)に、 more, -er, most, -est を付加して、比較のかたちをつくることもできる。

なお、英語では、walk や run のように、接辞の力を借りずに、動態がそのまま体にもなる語もある。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

憲法九条は日本丸の灯台だあ (*^◯^*)

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。