まわりくどい英訳のもとは昔の翻訳文かも

日本語的発想の、まわりくどい「英訳」の元になっているのは、受験勉強で習う英語であることがある。

「散髪してもらう」は、"have one's hair cut" などと習うが、こういう日常的なことは、 "get a haircut " のようなストレートな言い方を覚えておく。(松本道弘『新・give と get』10頁)

和文英訳のとき、われわれは、日本語に英語をあてはめていると思っているかもしれない。

しかし、じつは、以前にそのような英語の言い回しを日本語にとりいれたことがあり、その日本語を授業で習ったいまの人が、ふたたび古い英語に復元しようとしている場合があるのではないか。

確証はないが、たとえば上記の「散髪してもらう」も、もとは "have one's hair cut" というまわりくどい英語を訳すプロセスでつくった近代日本語であり、その日本語を、われわれは再びまわりくどい英語に「英訳」しようとしているのかもしれない。

まわりくどい英語 → 近代日本語 → まわりくどい英語

という堂々巡りによって、いつまでも同じ英語が日本人のあいだに保存されていく。

この現象の背後にあるのは、近代日本語が書かれた英語からの翻訳によって作られたという経緯である。

そういう意味でも、和文英訳を通して英語を習得しようとするのは、危険なところがある。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

祈・世界平和 (^O^)

三浦陽一

英語の基本日記 日本に英語がない理由

日本の英語熱は今も高い。ところが、そもそも日本に英語はない!... そういう角度から考えてみます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。