🔳 1-0 <臨・時・判> 人の心に言葉の世界をつくる三つの関係(関)

人の心の空間は、話し手と対象とのその場での関係によって構図が決められていく。

話し手と対象の関係をつくる概念を<関>と呼ぶと、関には次の三種類がある。

臨(りん)   話し手と対象のあいだの空間的関係をつくる概念。いわゆる「代名詞」の多くがここに入る。臨には、話し手と対象を関係づける(臨体)、文中の概念の関係を整える(臨相)、文中の体を呼び直す(臨惑)という三つのレベルがある。

時(じ)    話し手と対象のあいだの時間的関係をつくる概念。いわゆる「時制」である。英語の時は、動態(動詞)を変化させて表現し、過去・現在・未来(時関)、進行形・受動態・完了形(時相)、原形(時脱)の三つのレベルがある。

判(はん)   話し手と、話し手自身の意識のあいだの超時空的関係をつくる概念。空間や時間によるのではなく、話し手が対象と直接むすぶ抽象的関係である。判には、肯定・疑問・否定(判断)、 to~ を用いた慎重表現(判相)、助動詞を用いた判断の押し引きの表現(判慮)という三つのレベルがある。

こうして<関>は、3 x 3= 9 の体系をつくっている。


臨     臨体    臨相    臨惑

時     時関    時相    時脱

判     判断    判相    判慮


「関」と「構」(文型)がつかえれば、とりあえず英語はつくれる。

英語は、<関>からはじまる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキしたあなたがスキです ❤️
2

三浦陽一

トランス・グラマー 英語の核心

言葉によって、人は現実を超越(トランス)します。外国語を身につけると、自分の限界も超越(トランス)できます。では、英語のトランスの仕組みは? 英語の心をつくっている核心部分を説明します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。