見出し画像

地域活動に参加しない人たちを巻き込む文化資本とは

前回、「暮らしの中の文化にケアをのっける」で紹介した「銭湯ぐらし」。銭湯という暮らしの中に根付いた場所を文化的な拠点にすることで、ソーシャルキャピタルを醸成していく。そして、そこにケアの概念をのっける。地域にある資源をうまく活用しながら、社会関係資本にする。そんな素敵なプロジェクトを紹介した。

今回は「本」をテーマに考えてみる。

先日、東京に行った際に、とても気になっていた場所に行ってきた。その名も「ブックマンション」。本屋さんである。ただ本屋さんではない。いろんな要素を詰め込んで、文化の拠点となった次世代の本屋さんなのだ。


この続きをみるには

この続き:2,776文字/画像6枚
記事を購入する

地域活動に参加しない人たちを巻き込む文化資本とは

守本陽一(もりもん)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。読んだ感想をいただけるのが一番嬉しいです。ここがよかった、悪かったなど、引用リツイートしていただけたら、嬉しいです。 サポートも嬉しいです!モバイル屋台de健康カフェin豊岡の活動費に使わせていただきます。

ありがとー!!コメントや引用RTで感想もらえると嬉しいです。
9

守本陽一(もりもん)

研修医です。兵庫県豊岡市で屋台やらまち歩きやらしながら、新しい医療×まちづくりを模索しています。ご連絡は各種SNSのDM/メッセージかmorimon1254@gmail.com からどうぞ。

ケアとまちづくり、ときどきアート。

なぜケアとまちづくりが必要なのだろう?病院を地域に開いた方がいいのはなぜ?アートを介護に持ち込むと良さそうなのはなぜ?地域包括ケアシステムの中で一大ブームになっている「ケアとまちづくり」「ケアとアート」。多くの実践例に足を運び、自身も「モバイル屋台de健康カフェin豊岡」で...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。