山下のぼる

近づき離れて居なくなる

「……おんなじですね」

世吹すずめ「巻さん買ってきたカーテン、綺麗ですね」 巻真紀「今日は天気悪いでしょ」 すずめ「うん。でも、どうして曇ってると天気悪いって言うんでしょうね。いいも悪い...

離れる日記05

調停委員:人格識見の高い40歳以上70歳未満の者を、最高裁判所が任命。 そんな人格者に「一度、直接話してみたらどうか」と勧められて4ヶ月半ぶりに直接対面。相手が出や...

離れる日記04

二度あることは三度ある。喉元すぎれば熱さ忘れる。けど火傷の痕はのこりつづける。 1F入り口にある金属探知機やエレベーター、待合室にも慣れたもの。指定の10分前に青い...

離れる日記03

朝10時開始ということは9:30に霞ヶ関駅に着いておけばいいか。先日の電話で印鑑とスケジュール帳を持参くださいと言われていたので前日のうちに準備した。 霞ヶ関に着いた...

離れる日記02

仕事中に知らない番号から留守電が入っていた。月曜の午前10時すぎ。こんな時間にかけてくるのは不動産屋でも車のディーラーでもないはずだ。たまにNHKふれあいセンターか...

離れる日記01

2つ隣の駅の郵便局に行き、東京家庭裁判所(家事訴訟事件係)に簡易書留を送った。一日でも早く提出したかったから。 霞が関の家事手続案内で「1回目はいつ頃になりますか?...