おだやかでいるということ

腹が減ると、いらいらする。腹が満たされると、幸福になる。

毎日くり返し一生を寄り添う「食事」という行為に、こんなにも気分が左右されるんだから、ずっと心をおだやかにしておくのは、本当に難しい。

でも、心がおだやかでないと、ぼくは人に優しくできない。だから、心がおだやかでいられる時には、その、なんてことなさそうな状態に、とても感謝する。

心がおだやかでいられることに、ちゃんと感謝できるようになれば、きっと自分の体は、おだやかさを求めるようになるはずです。

いままで自分の感情を、0から100まで目盛のついたメーターのように捉えてきたけれど、よく考えればそんなはずはない。感情に0なんてなくて、あるのは、あくまで”状態”だから。

本音を言える場所が減っているとよく聞くけれど、同じくらいきれいごとを言える場所も減っているんじゃないか。どちらも叩きやすいのは間違いない。

正論がつまらないと言われるのは、そこに意思が感じられないからであって、吐いた正論に向かって努力していれば、それをきっと、人は見てくれていると思う。

ぼくは、まだまだきれいごとや正論を吐いていたいし、それを叶える術を、自分で見つけたい。

山脇、毎日。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくださりありがとうございます。いただいたサポートは僕の生きる糧にいたします。

ぼくも大好き!
10

山脇 耀平

山脇、毎日。(2)2016.10〜2017.8

山脇が考えた日々のこと。平日毎日更新中。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。