伝える、はプレゼント。

7
ノート

伝える、はプレゼント。008

※私の新著「実践 トライアングル式問題解決法」が発売しました!

そもそもあなたはなぜ「伝える」のでしょうか。

「伝える」という行動を取るということは、あなたには何か「伝えたいこと」、伝えるべき「理由」があるはずです。たとえば…

・我が社の新製品を知ってもらいたい、そして買ってもらいたい
・部屋が散らかっている、片付けてもらいたい
・取引先からの注文がいつもと少し違うから、生産のときに間違えな

もっとみる

伝える、はプレゼント。007

※私の新著「実践 トライアングル式問題解決法」が発売しました!

伝える、はプレゼント。を理解するために、成功するプレゼントの反対、失敗するプレゼントについて考えてみましょう。

シンプルなのは「相手が喜ばないものを渡す」ことですよね。
たとえばチョコレートが嫌いな人に高級なチョコレートを渡しても嬉しくないでしょう。

また、その人が「好きなもの」だからといって、それが他人からもらって嬉しいかとい

もっとみる

伝える、はプレゼント。006

※私の新著「実践 トライアングル式問題解決法」が発売しました!

「伝える、はプレゼント。」の本論の前に、全体像をおさらいしましょう。

1.目的(何のために渡すか)
2.対象(誰に渡すか)
3.中身(何を渡すか)
4.包装紙(どんな見た目で渡すか)
5.渡し方(どのように渡すか)

私はこれまで「伝える」について研修などを行ってきました。
その過程で、単純に「情報を伝えるって、プレゼントを送るの

もっとみる

伝える、はプレゼント。005

『伝わったかどうかは、伝える側に100%責任がある』

これが大前提であり、基本です。
しかし、中には

「飲み込みや要領がものすごく悪いヤツもいる。それを伝えるこちらの責任にされてはかなわない」
「話を聞く側だって、ただ受け身ではなく、状況を察するとか空気を読むとか、そういう努力も必要だろう」
「コミュニケーションはキャッチボールだというのなら、受け取る側にも責任が半分はあるはずだ」

と考える

もっとみる

伝える、はプレゼント。003

なぜ人は、「長い」「すべてを話そうとする」「自分にどう関係するのかわからない」という、「伝わらない」話し方をしてしまうのでしょうか。

その反対、「短く」「要点をかいつまんで」「聞き手に関係することを」話す、という、伝わる話し方ができないのでしょうか。

それは「伝わる、とは双方向の結果であるにも関わらず、自分→相手という一方向でしか考えていないから」です。

もっと簡単に言えば「伝わったかどうか

もっとみる

伝える、はプレゼント。002

それでは「伝えるは、プレゼント」についてお話ししたいと思います。
まずは、伝える際の「悪い例」からご紹介したいと思います。

「伝える」には大まかに「話して伝える」「書いて伝える」の二種類があります。
もちろん実際には「写真で伝える」「ジェスチャーで伝える」「表情で伝える」などもあるのですが、話す・書くで一般の「伝える」9割以上はカバーしていると思いますので、この二つに特化して話を進めていきます。

もっとみる

伝える、はプレゼント。001

この文章をお読みになっているということは、あなたは「伝える」ことに興味があるのだと思います。

ということは、あなたはこの時点でかなり「伝える」ことができています。
おそらくあなたは日本人で、日本語でコミュニケーションを問題なく取ることができると思います。日常生活の中で「まったく何も伝わらない」「何を話したらいいかさっぱりわからない」ということはほとんどないはずです。
ですからたいていの人は、「伝

もっとみる