伝える、はプレゼント。002

それでは「伝えるは、プレゼント」についてお話ししたいと思います。
まずは、伝える際の「悪い例」からご紹介したいと思います。

「伝える」には大まかに「話して伝える」「書いて伝える」の二種類があります。
もちろん実際には「写真で伝える」「ジェスチャーで伝える」「表情で伝える」などもあるのですが、話す・書くで一般の「伝える」9割以上はカバーしていると思いますので、この二つに特化して話を進めていきます。

まずはわかりやすく身近であろう「話す」に特化して、悪い例を考えてみます。
コンサルタントとして、研修やコンサルティングなどで、他の人の発表を聞いたり、情報のやり取りを行う上で、多く見られる悪い事例をまとめました。
「えっ、私、まさにそれをやってるよ!」
「それっていいことじゃないの!?」
と思い当たる節があるかもしれません。

【伝える】悪い例

1.長い
話が終わった…と思ったらさらに話が継ぎ足されて長くなるパターンです。しかもその継ぎ足された話はすでに話したことの繰り返しで、新しい情報はほとんどありません。むしろ自分は話がうまいと自覚している人に多いパターンです。

2.すべてを話そうとする
頭の中にあること、すべてを1から100まで話そうとするパターンです。特に自分が一生懸命に考えてきたことだと、そのプロセスをすべて話したくなる気持ちもわかります。しかしあなたが「伝えたいこと」と聞く側が「伝えてほしいこと」は必ずしも一致しません。

3.自分にどう関係するのかわからない
冷蔵庫を買いに行って、店員から冷蔵庫の作り方を説明されたらどう思うでしょうか。冷蔵庫を買いに来た人が知りたいのは作り方ではなく、性能や特徴のはずです。よほど話が面白ければ別として、普通は自分に関係なさそうな話は聞く気になれません。

以上、特に「話す」において、伝わらない典型的な3パターンでした。

つまり裏を返せば、少なくともこの反対にすれば伝わりやすくなります。
「短く」「要点をかいつまんで」「聞き手に関係することを」話す、ということですね。

とはいえ、「わかりました、じゃあこの3点に気をつけます」で伝えることがマスターできるかというと、なかなかそうはいきません。

次回は、なぜこのような失敗をしてしまうのか、伝える側の心理面から考えてみたいと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

幸本 陽平

伝える、はプレゼント。

話す・書くなど「伝える」にはどうすればよいかプレゼントを例にわかりやすくご紹介しています。ビジネスパーソン向けですが、コミュニケーションを向上させたいすべての方へ。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。