「イシューレイジング」の先を描く

「イシューレイジング」という言葉がある。

NPO業界でよく使われる「ファンドレイジング」は、寄付を集めることを言うのに対し、「イシューレイジング」は、その「イシュー=テーマ」を世の中に認知してもらうことを指す。

「誰かにとっての問題」を「社会としての問題」に変換すること、とも言えるかもしれない。

「イシューレイジング」という言葉は、以下の記事でフローレンスの駒崎さんにインタビューしたときに知り、個人的にとても気に入っている言葉だ。

もともとこの記事を企画したのは、本来「書き手」ではない人たちが「書く」という行為を通じて何かを伝える際に、そこにどんな「意志」を込めているのかという問いからだった。

駒崎さんの場合は、社会問題の現場からメディアに“バトン”をにつなげ、問題解決の流れをつくるために記事を書いていると言っていた。

そんな意志を込めて日々記事を書くことが、「イシューレイジング」の一環なのだと。

記事にもあるように、たとえば、いまや社会問題(イシュー)として日本中に認知されている待機児童の問題も、ほんの数年前はほとんど知られていなかった。

それが、「保育園落ちた日本死ね!!!」といったブログ記事をきっかけに社会問題として表面化した。

こうした「イシューレイジング」には、社会的影響力の大きいメディアの力は欠かせない。

待機児童の問題も、ブログ記事がバズったのはあくまできっかけであり、それがネット空間だけの嵐で終わらなかったのは、さまざまなメディアによって取り上げられ、社会に提起されたからだ。

そんなケースを見ていると、メディアに関わる人たちの役割は「矢印をつくること」なのかもしれないなと思う。

矢印の意味は、多くの人が望む社会(あるいは望まない社会)を指し示すことにある。それは「イシューレイジング」の先を描くことでもある。

「社会がこうなるといいんじゃないか?」とか「誰かが嬉しかったりするんじゃないか?」とか、あるいは「こっちに向かう社会は嫌でしょ?」とか。

矢印のつくり方は多様で、その問題を取り上げて社会に提起すること然り、話題になった記事の文脈をつくるような発信でもいい。

僕自身、一人の矢印の作り手として、自己責任論に象徴されるような「誰かが悪者にされて排除される社会」とは逆を向くような社会になればと思っている。

それは、「誰かがつまずいてしまうようなバグを取り除く社会」を向く矢印とも言えるかもしれない。

その思いは、1年前に「リディラバジャーナル」というメディアに移籍したときから変わっていない。

だからこそ、さまざまな社会問題と言われるものの構造を読み解き、問題の根幹には「自己責任」ではなく「社会システムの欠陥」があることを解き明かそうとしている。

そして、それが少しでも「イシューレイジング」の一助になればいいなと思っている。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

嬉しいです、ありがとうございます!
8

鈴木洋平(編集者)

1988年2月生まれ。2017年まで出版社で『編集会議』をはじめとするメディアや広告・マーケティング専門誌の編集者。2018年より“社会の無関心の打破”を掲げる社会問題に特化したメディア「リディラバジャーナル」記者。さまざまな社会問題の現場を取材している。

《noteで書くって、なんだろね?》 初心者のためのマガジン

note初心者の五百蔵がnote内で迷子にならぬように、 自分をはげまし鼓舞するために集めたもの。いや、いまも集めているもの。 当然ノウハウ的なものもある。カイゼンについてのもある。 基準は独自。何を書いたらいいか考えていきたいから、そんなのも集めている。 #note初...
1つ のマガジンに含まれています

コメント1件

コメント失礼いたします。
興味深く拝読しておりました。
これは一個人としての意見ですが、社会システムの欠陥ではなく、システムを構築する社会そのものが変わらなければ、日本社会及び経済は行き詰まるのでは、と思索しております。
まずは既存の社会システムを一新するブレーンを多方面から採択・採用し、今までにない「既成価値観を壊した新システム」が必須になるのではないでしょうか。
それは、型に合わせるのでなく「型を合わせる」形式にも例えることが可能かもしれません。
旧システムを稼働させ続ける限り、歪みは進んでしまうものです。
このあたりで、がんじがらめの概念をほどき、再び編む一新が求められるのやもしれません。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。