ロンドンのバービカン・センターでラトル指揮LSO「映像」他と、ガードナー指揮BBC響「キリストの幼時」

2018年12月16,17日の両日、ロンドンのバービカン・センターで2つのオーケストラ・コンサートを聴きました。初日がラトル指揮のロンドン交響楽団で、ブラームスヴァイオリン協奏曲(カヴァコス独奏)、ドビュッシー「映像」、エネスコ「ルーマニア狂詩曲第1番」。二日目はエドアルド・ガードナー指揮BBC交響楽団合唱団でベルリオーズ「キリストの幼児」。

この続きをみるには

この続き:1,581文字
記事を購入する

ロンドンのバービカン・センターでラトル指揮LSO「映像」他と、ガードナー指揮BBC響「キリストの幼時」

平井洋

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

平井洋

平井洋のクラシック本音レポート

主なクラシックコンサート、CD、DVDなどの少々突っ込んだレポートです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。